XFN-ASIAによると、米独自動車大手のダイムラークライスラーは22日、中国自動車大手・北京汽車傘下の北汽福田汽車と提携し、中国で中・大型トラックの製造を行なうことで詰めの交渉に入っていることを明らかにした。近く合意に達するもよう。北汽福田汽車の株式は、発表を控えて取引が停止されている。

  21世紀ビジネスヘラルド紙によると、北汽福田汽車はダイムラークライスラーに対して新株を発行し、ダイムラーは株式24%を取得予定。また今回の提携合意に伴い、ダイムラークライスラーはすでに中国合弁会社の亞星奔馳を手放す見通し。中国の規制下では、海外の自動車メーカーが設置できる合弁会社は乗用車部門で2社、商業車部門で2社までに制限されている。

  亞星奔馳については、江蘇亞星客車集団が先月、権益を引き受けることで合意したもよう。ダイムラークライスラーは現在、商業車部門で合弁会社2社を運営。福建汽車工業と台湾の中華汽車との合弁会社と、今回放出が予想されている江蘇亞星客車集団との亞星奔馳となっている。【了】