PRIDE男祭り、サブタイトルは“FUMETSU”に決まった

12月31日(日)、さいたまスーパーアリーナで開催される『PRIDE男祭り2006』。大晦日の国民的恒例行事にまで登りつめた格闘技イベントがいよいよ本格的に始動した。

21日、都内にある株式会社ドリームステージエンターテインメント本社で行われた会見では、本大会のサブタイトルならびに対戦カードを発表。会見には高田延彦PRIDE統括本部長が出席し、本大会のサブタイトル“FUMETSU”(不滅)と共に、初っ端からメインイベントとなるPRIDEヘビー級タイトルマッチ、エメリヤーエンコ・ヒョードルvsマーク・ハントの一戦を発表した。

また、本大会は全10試合が組まれる予定で、サプライズカードも調整しているという。参戦予定選手として、既に20選手以上の名前がリストアップされ、高田本部長曰く「厳選中の厳選」をしている最中で、気になるサプライズカードに関しては「明かすとサプライズじゃないでしょ?オープンになった時、十分にサプライズして下さい」と語り、集まった報道陣を笑わせた。

『PRIDE男祭り2006』対戦カード、大会概要へ