196cmの巨人レスラーバボに急所打ちを見舞った海川。23日にプロレスデビューを果たすが・・・

グラビアアイドルにしてハッスル試合出場が決まった海川ひとみが、196cmの巨人レスラー、ジャイアント・バボに急所蹴りを見舞った。

事の発端は9日。人気タレントの真鍋かをり、浜田翔子と共に、ハッスルバックアッパーズとして盛り上げ役となる筈だった海川は、この日の記者会見でまさかのプロレスデビューを志願。この熱意に打たれた坂田亘GMは、『ハッスル・マニア2006』で海川のデビュー戦を認めるも、その相手としてバボを指名した。

しかし、プロレスデビューを能天気に考える海川に怒り心頭のバボは、15日(水)、後楽園ホールで開催された『ハッスル・ハウスvol.21』で、プロレスの恐ろしさを海川に教えるべく目の前でKUSHIDAと\(^o^)/チエを叩きのめした。

それでも試合後の海川は何もなかったかの如く平然とマイクアピール。なんと「バボさん! あなたを『ハッスル・マニア2006』で絶対にぶっ潰します」と宣言。これには、バボのセコンドに付いていたアン・ジョー司令長官もビックリ。「ヘイ、おじょうちゃん。今の試合を見ていなかったんですか?」と問いかけるも、海川はさらりと受け流した。

業を煮やしたアン・ジョーは「無茶言って大人を困らしたらだめ。じゃあ、バボに一回だけ、おじょうちゃんの技を受けてあげるチャンスをあげましょう。それで気が済むでしょ?」と提案するや、海川は「サソリ固め」をリクエスト。

仕方ない様子でバボがリングに横たわると、海川は両足を掴んでサソリ固めの体勢と見せかけ、なんと急所打ちを敢行。これに怒ったアン・ジョーは「ガキ、コラァ!いつまでもプロをなめてんじゃねぇぞ!夢見てんじゃねぇぞ!」と怒鳴りつけ、観客もアン・ジョーを支持したのか拍手で後押し。

どうやら海川のバボ打倒の決意は固く、試合はKUSHIDAと\(^o^)/チエを加えた3対1で行われることになった。一体、海川のプロレスデビュー戦はどんな結末となるのか・・・。

海川ひとみを写真でチェック!ハッスル写真ニュース
『ハッスル・ハウス21』全試合結果へ
『ハッスル・マニア2006』対戦カードへ