「腹壊した」体調不良を妻の弁当のせいにする夫!?妻「薬飲んで寝れば」すると…⇒夫が冷たいときの対処法

写真拡大 (全2枚)

結婚生活の中で、夫の些細な態度や言葉に悩まされることは少なくありません。
今回は、夫が冷たいときの対処法を紹介します。

適度な距離を保って


家庭を守りたい一心で、夫の身の回りの世話をしすぎることが、かえって夫を窮屈に感じさせてしまう場合があります。
例えば、彼の好みを尊重せずに勝手に部屋を整えたり、食事を用意したりする行為は、夫のプライベートな領域に踏み込んでしまっていると受け取られてしまうでしょう。

過保護なアドバイスはNG


夫を思ってのアドバイスも、度がすぎれば「うるさい」と感じられてしまいます。
彼の意見をもっと尊重し、アドバイスではなくサポートの形を取ることがポイントです。

夫の立場を理解する


夫が冷たく感じる場合、それは夫自身が何らかのストレスを抱えているサインかもしれません。
夫の立場を理解し、無理にコミュニケーションを取ろうとせず、ゆっくりと距離を縮めることが大切です。

食事に対する反応の期待は低く



「夫にお弁当を作ると大喜び。しかし、帰宅した夫が開口一番『腹壊した』と言い、私が作った弁当のせいだと一方的に責めてきたのです。イラっとしてので『薬飲んで寝れば』と言うと『この薬期限切れてる』と言ってきて…。うんざりしました」(20代/女性)

せっかく食事を作っても、夫が評価してくれない場合、悲しく感じるかもしれません。夫の反応に一喜一憂せず、お互いが満足できる食事のスタイルを見つけることが大切です。

(愛カツ編集部)