ランチ代を「ごめーん! 払っといてぇ♡」【毎回バックレる寸借ママ友】が → 2週間後、真っ青に?!

写真拡大 (全2枚)

いつの時代も【お金に関するトラブル】は絶えません。
ずる賢い考えを持つ人のせいで、自分ばかり負担が大きければ、嫌になるのも当然です。
今回は、筆者の友人A子から聞いた、『ママ友とのランチ会』で起こったトラブルエピソードをご紹介します。※この記事は、過去の人気記事を再編集しています。

ランチ会に誘われるも悩みが

私は、保育園に通う6歳の娘がいるママ。

育児に家事にと忙しい日々を送るなかで、月に数回誘われるママ友たちとのランチ会がちょっとした息抜きになっていました。

このママ友たちとは、娘が進級して新しいクラスになってからできた友達。

互いに育児の悩みを相談したり愚痴を吐けるので、なるべく参加していたのですが、とある悩みが……。

なんと、ママ友の1人B美が、私に彼女の分のランチ代を払わせてくること!

「今、ちょうど手持ちがなくて」
「用事があるからここで抜けるから」

と何かと理由をつけては、何度か支払わせてきました。

始めは別によかったのですが、問題は【一向に返してくれないこと】。

「まあまあ、また今度ね♪」
「また忘れちゃったの、ごめん」

清算をお願いするも、いつまで経ってもお金が返ってこなかったのです。

私だけ悩んでいるかと思いきや……

それが4回、5回と続き、さすがにイライラしてきた私。

あるとき、B美のいないランチ会で思わず愚痴を吐いてしまったのです。

すると、まさかの反応が!

「え、私も!」
「私も貸したのに返ってこない!」

なんと、ほかにも被害者ママが何人もいたことが発覚したのです!

『さすがにこのままの関係はよくない』と思った私たちは、結託して懲らしめる計画をたてました。

高級なランチ会で!?

それから2週間後『いつもより高級なところでランチしよう』と、ホテルのランチを利用することに。

もちろんB美はノリノリでやってきました。

食事も終わり、B美は何かソワソワしていましたが、ここで私から爆弾発言を!

「あ、お財布忘れちゃった!」

するとママ友たちも続くように
「あ~私もだ、ごめん」
「買い物で使っちゃった♪」
と【手持ちがないアピール】を。

そのまま青ざめるB美に
「そういえばお金いつも貸してるもんね、お支払いお願いできる?」
と笑顔で伝えてやったのです!

その後

すると『これまでの行動がずるかった』と自負しているのか、B美は顔を真っ赤にしながら支払ってくれました。

さらには、反省したのか
「いつも借りてばかりでごめんなさい」
謝罪まで!

その後は、この計画もすべてB美にバラしたところで、互いにお金の清算をすることに。

それからというもの、B美が誰かにお金を借りることもなくなりました。

今ではフラットな関係で付き合えているので、あのとき勇気を出して行動して、本当によかったです♪

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:一瀬あい