(左から)太田真一郎、宮野真守、小野大輔 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 声優の宮野真守、小野大輔が23日、都内で行われた「TVアニメ『キン肉マン』完璧超人始祖編 ジャパンプレミア」に登壇。先行上映会とトークショーを行った。

【写真】ポーズを決める宮野真守

 テレビアニメ「『キン肉マン』完璧超人始祖編」が、CBC/TBS系全国28局ネット「アガルアニメ」枠で放送(7月7日スタート 毎週日曜 後11時30分)することを記念して行われたこのイベント。キン肉マン役の宮野、テリーマン役の小野は、同作でアナウンサー役を務める進行役の太田真一郎の“プロレス風呼び込み”で登場した。

 ふたりとも大の『キン肉マン』ファンということで、のっけからテンション高め。さまざまなテーマでトークショーが進行するなか、同作で流れる音楽の話に。なかでも、“第0話”のテーマ曲になっているキン肉マン(CV.宮野真守)による「キン肉マンGO Fight!」の話題では、これまで同曲を歌ってきた、現在闘病中の串田アキラから“継承コメント”が届けられた。

【キン肉マンの新しい音楽、主題歌について】
新しいキン肉マン、たいへん楽しみです。どんなサウンドになるか楽しみにしてます。時代を超え、キン肉マンの強さだけではなくカッコイイ愛が生まれるでしょう。

【Go Fight!について】
キン肉マン好きの宮野真守さんが「キン肉マンGoFight!」を歌う!うれしいですね!キン肉マンと宮野くんが笑ってる、幸せそうな顔が浮かび、ワクワクします。宮野くん、応援するよ!!GoFight!

とメッセージが読み上げられると、宮野は小野とハイタッチ。宮野は「本当にこれも迷って。串田さんの歌声が脳裏に焼き付いているじゃないですか。でもそのキン肉マンとしてどうやって歌おうかなと思ったんですけど、串田さんリスペクトを込めつつ、キン肉マンの声で頑張ってやってみたので。自分でも気合いれて臨みました。(先代キン肉マンの)神谷明さんも歌われていて。僕はいろんなリスペクトを込めて、今回の表現として打ち出しました」と話すと、小野も「たしかに、“キン肉マン感”がすごいかも。面白さとカッコよさが同居してるのがキン肉マンじゃん。それがめっちゃ表現されてた」と絶賛した。

 串田は、今年1月、急性すい炎で入院したことを所属事務所が発表。現在自身のXなどでリハビリの様子などを発信している。