【MLB】ドジャース2−3エンゼルス(6月21日・日本時間22日/ロサンゼルス)

 ドジャースの大谷翔平投手が伝統のフリーウェイシリーズで、第22号2ランホームランを放った。打った瞬間にそれとわかるムーンショットを放った大谷の表情の変化がファンの間で話題を呼んでいる。

【映像】大谷翔平が見せたかわいらしい変幻自在の顔芸

 20日のロッキーズ戦では2年ぶり7本目となる初回先頭打者本塁打の第21号を放った大谷。ベッツに代わって1番に入った4試合では18打数8安打の打率.444、2本塁打とチームの「最強リードオフマン」としても躍動している。

 毎年6月の試合を得意とする大谷は、古巣相手のこの試合でも容赦ない打棒を見せつけ、5回裏に放った2試合連続となる22号は、観客がスタンディングオベーションとなる確信の一発。打球速度113.1マイル(約182.0キロ)、飛距離455フィート(138.7メートル)の特大弾となった。

 おなじみの確信歩きで2点目のホームを踏んだ大谷はゆっくりとベンチに引き上げてきたが、ここで表情が豊かすぎる大谷のリアクションが炸裂する。

 ホームを踏むまでは神妙な顔だったが、ホームを踏んだ瞬間に「ニコ」、その後ほんの一瞬だけ「いー」の表情から再び「ニコ」。ベンチに戻るまでに目まぐるしく変わるリアクションに、ファンは「にっこり大谷さん」「わろてるで」「ニコ谷さん」「かわいいね」「変顔してたなw」「愛くるしい」など、プレー以外でもファンを魅了するリアクションに大満足となった。

 なお、公式戦として初のエンゼルス戦で初ホームランを放った大谷は、これでメジャー30球団中28球団から本塁打を記録。本塁打全球団制覇まで残り2球団(カージナルス、フィリーズ)としている。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)