ケイリー・フレミング

写真拡大

 『クワイエット・プレイス』のジョン・クラシンスキーが監督・脚本を務めた『ブルー きみは大丈夫』は、母親を病気で亡くし心に傷を抱えた少女ビーと、“子供にしか見えない存在”ブルーが大冒険を繰り広げる物語。主人公ビーを演じたのは、『ウォーキング・デッド』をはじめ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』や『ロキ』などビッグタイトルに出演してきたケイリー・フレミングだ。プロモーションのために初来日を果たしたフレミングに、映画について語ってもらった。

参考:『ブルー きみは大丈夫』北米No.1 ライアン・レイノルズの主演作2本が今夏の主役に

ーーアメリカをはじめ世界各国でも続々公開を迎えていますが、完成した作品には満足していますか?

ケイリー・フレミング(以下、フレミング):大満足です! 撮影中はどうやって映画になるのかが全く想像できなかったのですが、ロンドンで母親とエージェントと一緒に初めて観たときに、本当に映画になっていたことに驚きました。そのあとロンドンプレミアで観客のみなさんと一緒に観たのですが、感動のあまり泣いてしまいました。

ーーロンドン、ニューヨークに続き、日本でもプレミアの開催が実現しました。

フレミング:東京でプレミアをやる話は、ちょうどダンスのレッスンを受けているときに聞いたんです。エージェントから「東京に行きたい?」という連絡が来て、すぐに大文字で「YES」とビックリマークを1万個くらいつけて返しました(笑)。本当に最高の経験です。

ーー実際に日本に来てみていかがですか?

フレミング:日本に関してはいい印象ばかり聞いていたので、それだけでワクワクしていました。実際に来てみて思ったのは、本当に美しい場所だということ。それと、日本の方が本当に素敵な人ばかりだということ。ナイスレベルが1000くらいありますね(笑)。ご飯も美味しいし、自然もあるし、本当に素晴らしいです!

ーービーの役はオーディションで掴んだそうですね。

フレミング:Zoomでオーディションもやりましたし、ジョン(・クラシンスキー)とライアン(・レイノルズ)を相手に対面でオーディションをやったりもしました。実際にビー役に決まったときは踊って喜びました。撮影が始まる前も緊張感よりもワクワク感のほうが大きかったです。

ーー生身の人間ではない“ブルー”を相手にお芝居をするのは難しかったのでは?

フレミング:映画ではスティーヴ・カレルが声を当ててくれていますが、現場ではエリックという俳優が、バックパックを背負ったり、大きな目のついた頭を乗せたり、いろんな格好をしながらブルーを演じてくれていました。大きさを合わせるためにバケツの上に乗ったり、ニューヨークの街中での撮影は、横のサイズ感がわかるようにフラフープをつけたりもしていましたね。他の作品ではないような、とても貴重で面白い撮影でした。

ーービーの父親役として一緒にお芝居もしたジョン・クラシンスキー監督との撮影はいかがでしたか?

フレミング:この作品では、お芝居をするということよりも、ビーの世界に入り込むことが重要でした。それを可能にしてくれたのは間違いなくジョンのおかげです。彼の脚本も素晴らしかったですし、監督としても最高でした。

ーーライアン・レイノルズともがっつり共演されていましたね。

フレミング:ライアンを見ているだけで学べることがたくさんありましたし、彼からはたくさんのアドバイスをもらいました。本当にクリエイティブで、いつも最高のアイデアを出してくれるんです。みなさんご存知のようにアドリブも得意なので、現場でいろんなことを試してくれました。楽しむことを全く恐れていないんですよね。正直、生身の人間ではないものを相手にお芝居をしているときは自分自身いま何をやっているのかわからなくなってしまう瞬間もあったんですが、そういうときにライアンを見ると、その悩みが全て吹っ飛んでいく感覚がありました。すごくカッコいいと思いますし、自分も常に、ライアンのようなマインドで撮影に臨める女優になりたいと思いました。

ーー若くして『ウォーキング・デッド』や『スター・ウォーズ』、マーベル作品などビッグタイトルの作品に数多く出演されていますが、なにか今後のビジョンはありますか?

フレミング:特にこういうふうになりたいというイメージはないんですが、先日無事高校を卒業することができましたし、今後もお芝居は続けていきたいなと思っています。ジョンとはまた絶対一緒にやりたいです。彼の企画であれば、例えどんなものでも絶対にやると決めています!

ーー目標にしている俳優はいますか?

フレミング:ジョンとライアンが私のロールモデルになるような、影響を与えてくれた存在になりました。それと、『ライリー・ノース 復讐の女神』で共演したジェニファー・ガーナーです。今でも連絡を取り合うくらい仲が良いのですが、ジョンとライアンもジェニファーと共演したことがあったんです。まるで家族のようだねと大盛り上がりでした。

(取材・文=宮川翔)