ラストランの時には、多くの鉄道ファンが集まる(写真はイメージです)

写真拡大

鉄道会社が手を焼く鉄道ファンへの対応

 みどりの窓口の廃止問題で、鉄道会社への批判が多く寄せられている。しかし、現場で働く鉄道会社の社員もまた、苦労が絶えない。すぐに窓口でキレる高齢者や酔っ払いへの対応は連日のようにあり、それだけでも精神的にも肉体的にも疲弊するというが、「とりわけ鉄道ファンオタク)に悩まされている」と話す社員は多いのである。

【写真】鉄道ファンの間でも人気の高いJR男鹿線

 デイリー新潮編集部には、鉄道会社の現役職員から様々な意見が寄せられており、鉄道ファンに手を焼いている社員が想像以上に目立つ。ある鉄道会社の社員が打ち明ける。

「件数としては酔っ払いの対応より少ないけれど、“鉄道会社の社員なのにそんなこともわからないのか”と、理屈っぽくいろいろなことを言われるので、ドッと疲れてしまう」

ラストランの時には、多くの鉄道ファンが集まる(写真はイメージです)

 もちろん、「多くの鉄道ファンのみなさんはマナーを守っています。しかし、一部のファンの過激なマナー違反がとにかく目立つ」と、社員は語る。果たして、その実態はどのようなものなのか。現役社員から寄せられた、にわかには信じ難い鉄道オタクの言動の数々を紹介しよう。

運転台張り付きオタク

 通勤電車やローカル線に乗っていると、運転台の後ろに張り付き、運転の様子を見ている鉄道ファンがいる。実は、これをプレッシャーに感じる運転士は少なくないのだという。現役の運転士A氏がこう語る。

「子どもが運転の様子を楽しんで見てくれるのは、歓迎なんですよ。ただ、なかには動画を撮影したり、背後から凄まじいオーラを放ちながらこちらを凝視する鉄道ファンがいます。“後ろから見ているくらい別に良いでしょ”とか、“景色が見えなくなるから遮光カーテンを降ろさないでほしい”といった意見をネットで見ますが、よほど神経が太い人でない限り視線は気になりますよ」

 運転士は、「運転の妨げになるのでやめてほしい」「特に、トンネルに入った時、窓ガラスの反射で見られているのがわかると、めちゃくちゃ気が散ります」と話す。運転風景を見られたくない運転士は、夜間には運転台の後ろと横の遮光カーテンを両方下ろし、夜行バスのような状態にしているそうだ。それほど、視線はプレッシャーに感じるし、仕事の邪魔になるのだと、理解してほしいそうである。

「運転中にフラッシュを使って写真を撮られると目がくらみますし、安全運転の妨げになるので本当に困ります。ファンのみなさんの手にはカメラしか握られていませんが、運転士の手には何百人もの命を預かって運転しています。そのことをどうかご理解いただけると助かります」

駅の発車メロディ録音オタク

 駅のホームで、長い棒を持っている人を見かけたことはないだろうか。これは、棒の先端に付けたマイクで駅の構内アナウンスなどを録音する“録り鉄”と呼ばれる鉄道ファンだ。駅のホームで乗客を案内する社員B氏は、こういった録り鉄を見かけるたびに緊張感が走るという。

「都会と違い、地方の交流区間は大き目の電気が流れています。電気が流れている架線の近くを、長めの棒を持ってうろつくのは、感電する危険性があるのでご法度です。あと、黄色い線の内側から、線路に向かって棒を伸ばすのもやめてほしいですね。万が一、動き出した列車と棒が接触したら、大事故につながる恐れもあります」

 驚くことにB氏は、車内のスピーカーにマイクをガムテープで貼りつけ、録音する鉄道ファンに遭遇したこともあるそうだ。さすがにこれは、やりすぎだろう。

「勝手にテープをベタベタ貼らないでほしいです。きれいに剥がせないパターンが多く、スピーカーに跡が残ってしまうこともしばしば。車両センターの人が残ったテープを剥がすのもひと苦労なので、車両には愛情をもって接してほしいものですが……」

女性車掌ストーキング&盗撮おじさん

 女性車掌に対し、ストーカー紛いの行為を働く鉄道ファンもいる。ある車掌は、「この前Jさんの写真を撮ったから、写真を渡してあげて」と言われ、同僚の女性車掌の写真をもらったことがあるそうだ。明らかに盗撮である。

 女性車掌の乗務時間を調べるか、もしくは予測して、電車に乗るおじさんもいるという。さすがにこれには恐怖を感じる車掌も多い。もちろん、純粋に旅行中の鉄道ファンもいる。そういった人に「写真を一緒に撮りたいです」と言われると、撮影に応じる車掌も少なくない。しかし、女性車掌のCさんはこう話す。

「同じことを、コンビニやスーパーの店員さんにもできますか。あなたの行いに恐怖を覚える人もいるんです。盗撮や付きまといはやめてほしいと思います」

乗務員のサインを集めるオタク

 新幹線のグリーン車で、ゆっくり休んでいる芸能人を起こしてサインをねだり、トラブルになる例はよく聞く。しかし、このケースはそうではない。車掌などの乗務員にサインを求めるというのだ。そんな人までいるのか、と耳を疑ってしまうが、さきの女性車掌Cさんは時折、遭遇するという。

「普通列車で乗り継いだ時、いきなり手帳を広げられ、“ここにお手本があるので、この通りにサインを書いて、ハンコも押してください”とお願いされたことがあります。正直、面食らいましたよ。どう対応するか悩みます。先輩は嫌な場合はキッパリ断るらしいですが、手帳を見るとサインがぎっしり。ペラペラとめくってみると、知り合いの運輸区の社員のサインがあって、凄まじいコレクションでしたね」

 サインを集める鉄道ファンは、ネットでは問題になることが少ないが、潜在的にかなり多いのではないかとCさんは予測する。知り合いの車掌がサインを求められ、書くことを渋ったところ、キレた鉄道ファンもいるらしい。自分の要求が通らないと恫喝する鉄道ファンは、各地で見かけるとCさんは言う。

「正直、車掌のサービスの範囲外なので勘弁してほしいです。ちなみに、サインを求めるお客さんはオタクはこれからの季節、増加しそうで恐怖を感じます。いわゆる青春18きっぷのシーズンに来るパターンが多いんですよね」

なぜ、鉄道ファンは嫌われるのか

 繰り返すが、大半の鉄道ファンはマナーをしっかり守っている。しかし、こうした一部のモラルがない人のせいで、鉄道会社の社員は鉄道ファンと距離を置きたくなってしまうのだという。ちなみに、Cさんは、鉄道会社の社員と鉄道ファンはもともと水と油の関係だと話す。

「そもそも、鉄道会社は体育会系の“陽キャ”が多いんです。男子なら野球部、女子ならバスケ部みたいな感じでしょうか。内向的なオタク系の鉄道ファンとは、様々な面で合わない人ばかりだと思います。ちなみに、社内にもかなりオタク気質の社員はいるのですが、圧倒的に少数派だと思います」
 
 ちなみに、今回の情報を提供してくれた女性車掌のCさんは、無類の鉄道ファンだ。そのため、鉄道ファンには親切に接するように努めているというか、そのせいでかえって手を焼くことが多すぎると、困惑しながら話す。

鉄道ファンが、体育会系の駅員からあまりにも無碍に扱われているのを見て、自分は凄くかわいそうだと思ったんです。そこで、可能な限り優しく対応したり、サービスできるところは声掛けするようにはしています。しかし、そういった態度をとると、逆に厚かましいお願いをされることが多くて……。余計なことをしなければ良かったな、と後悔してしまうんですよ」

 確かに、そんな対応をされてしまっては、鉄道会社に限らず、大抵の社員は面倒くさがってしまうのではないか。7月になればいよいよ夏本番となり、鉄道旅行シーズンが到来する。利用者も鉄道会社の社員も、お互いに心地よい関係を築けるように配慮を忘れないようにしたいものである。

ライター・宮原多可志

デイリー新潮編集部