「降り積もれ孤独な死よ」に出演する黒木メイサ
 - (C)井龍一・伊藤翔太/講談社 (C)ytv

写真拡大

 俳優の黒木メイサが、7月7日にスタートする成田凌主演の読売テレビ・日本テレビ系新日曜ドラマ(毎週日曜よる10:30〜)「降り積もれ孤独な死よ」で、7年ぶりに地上波ドラマに復帰することが明らかになった。久々のドラマ出演に黒木は「お芝居をすること自体が、6年ぶりなので、少し緊張しています。15歳からお仕事をしてきて、仕事やプライベートで色々な人生経験を積んできた今の私が作品に向き合った時に、今までとは違う視点から物事が見えるのではと思い、演じるのが楽しみです」とコメントしている。

 本作は、「マガジンポケット」(講談社)で連載中の原作・井龍一、漫画・伊藤翔太による同名マンガを実写化するヒューマンサスペンス。人気のない屋敷から13人の子供の白骨死体が発見された通称・灰川邸事件と、発生から7年後に起きた少女失踪事件をきっかけに再び浮かび上がった事件現場に残されていた謎のマーク。過去と現在にわたる2つの事件の真相が、未完の原作にオリジナル要素を交えた、衝撃展開と共に紐解かれていく。

 黒木が演じる五味明日香は、事件の真相を追う刑事・冴木仁(成田)の先輩にあたる、山梨県警富士山北警察署・刑事第一課の刑事。ぶっきらぼうな言動が目立つが、実は後輩である冴木のことをよく理解している優秀な刑事で、冴木とともに事件の解決に挑む。

 冴木と五味をはじめ個性豊かなキャラクターがそろう、第1話の先行カットも公開。事件が起きた屋敷に住んでいたという謎の女性・蓮水花音(吉川愛)。そして、事件の容疑者である屋敷の持ち主・灰川十三(小日向文世)。冴木の腹違いの弟・瀧本蒼佑(萩原利久)に、花音と同じくかつて灰川邸に住んでいた子供たちの沖島マヤ(仲万美)、川口悟(松本怜生)、そして東優磨(カカロニ栗谷)らの姿が収められている。

 演出は『ミスミソウ』『毒娘』などの内藤瑛亮、「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」などの二宮崇、「ハレーションラブ」などの高杉考宏。脚本をアニメ「陰陽師」などの橋本夏が担当する。黒木メイサのコメント全文は以下の通り。(編集部・入倉功一)

黒木メイサ(五味明日香役)

お芝居をすること自体が、6年ぶりなので、少し緊張しています。
15歳からお仕事をしてきて、仕事やプライベートで色々な人生経験を積んできた今の私が作品に向き合った時に、今までとは違う視点から物事が見えるのではと思い、演じるのが楽しみです。
成田さん演じる冴木の先輩役として、どしっと構えているけれども、たまに見せる事件に対する熱い想いもしっかりと演じ、冴木の頼れるパートナーとして心地よく居られたらと思います。
現在と過去が交錯しながらストーリーが進む中で、予想を裏切られるシーンが出てくると思いますので、楽しんで頂けたらと思います。