名門校の一つ「青山学院初等部」(東京・渋谷)

写真拡大

 小学校受験が“代々の名家だけのもの”という時代は過ぎ去り、ごく一般的な家庭が挑戦する時代に突入した。実際の受験者数はどれくらいなのか、各校の倍率はどの程度なのか、どんな学校の人気が高まっているのか――。小学校受験のポータルサイト「お受験じょうほう」の運営者に、実情をきいた。(野倉学/株式会社バレクセル代表)

 ***

【写真】都内の一等地・広尾にそびえ立つ、緑に囲まれた「慶應幼稚舎」

昨今の傾向

 首都圏における小学校受験人気は、ここ数年上昇傾向にありました。中学受験の競争が熱を帯びてきたことで、それを避けるために小学校受験へ参入したり、コロナ禍などもあり、公立小学校の教育環境に不安を感じたことで私立小学校に興味を持たれたりするご家庭が増えたことが要因だと思われます。あるいは「子どもにはできるだけ多くチャンスを与えたい」というお考えも最近はよく耳にします。慶應に入学させたいと考えるなら、小学校からチャレンジした方がチャンスは増えるということですね。こうした背景が重なって、特にパワーカップルと呼ばれるような共働き層の参入が増え、コロナ禍前と比べて、1割から2割くらいは受験者が増加した印象です。

名門校の一つ「青山学院初等部」(東京・渋谷)

 これが直近の2024年度入学の入試(23年11月実施)では、減少に転じています。単純に少子化の影響もありますが、公立小学校の教育環境が充実してきたというのもあるのではないでしょうか。これからまた受験者数が増加に転じるというのは考えづらいので、小学校受験人気の過熱は、ひとまずピークアウトしたと見てよいかと思います。

 弊社の調べによると、2024年度入学の入試では東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県の出願者数はのべ2万5000人程度。平均して2、3校くらいを併願していることを考えると、実際に受験に臨む家庭数は8000〜9000世帯程度と思われます。1都3県の小学校入学児童数は現在30万人弱ですから、そのうち小学校受験に臨む割合は、3%程度ではないかと見ています。

「早慶」だけでなく……

 こうしてみると、受験産業全体の中では必ずしも大きなマーケットとは言えないかもしれませんが、やはり誰もが知るような人気校は、かなりの高倍率となっています。24年度入学の試験時の倍率(志願者数から算出)をいくつか紹介すると、以下の通りです。

慶應義塾幼稚舎 10.6倍
慶應義塾横浜初等部 13.2倍
早稲田実業学校初等部 8.9倍
学習院初等科 9.3倍
青山学院初等部 6.5倍
東洋英和女学院小学部 11.7倍
東京女学館小学校 5.9倍

 特に早慶をはじめとした有名大学に附属している伝統校人気は根強いですね。

 その一方で、各ご家庭の価値観が多様化しているような傾向も見られます。一昔前なら、「慶應幼稚舎に行けなければ意味がない」なんて考え方をお持ちの方も少なくなかったのですが、今は家庭の方針に合うかどうか、あるいはしっかりと“実利”を見極めて受験校を選ぶご家庭が増えているように感じます。

 例えば、近年人気が急上昇しているのは、東京農業大学の附属校として2019年に開学した東京農業大学稲花(とうか)小学校。直近の倍率は9.8倍です。将来的に、大学受験に強い東京農業大学第一高校、いわゆる農大一高に進学できるというメリットに加え、英語教育を毎日取り入れていたり、食育を目的とした給食が提供されていたり、新設校ならではの取り組みが、多くのご家庭に刺さっているようです。

「勉強をさせたい」

 2013年に開学した慶應横浜初等部にも通ずることかもしれませんが、このような新設校の場合、小学校受験に新たに参入しながらも、伝統校特有の文化には抵抗を持つようなご家庭にとっては、子どもを入れやすいと考えている側面もあるのではないかと思われます。

 加えて、農大稲花が7コマ授業を取り入れていたり、慶應横浜初等部が、慶應幼稚舎と違って土曜授業を行っていたりするように、「しっかり勉強させる」という点も、今の保護者の方々には魅力に映っているようです。その意味で、「大学受験に強い高校に進学できる小学校」の人気も上昇傾向にあるのですが、興味深いのは、「中学受験に強い小学校」の人気も高まっている点でしょうか。東京の宝仙学園、神奈川の洗足学園、埼玉ならさとえ学園も有名です。中学受験で再チャレンジができるということで魅力に感じられる方もいらっしゃるようです。もっとも、中学受験を避けようとして小学校受験に臨む方が多い中、小学校受験に成功してもまた中学校受験を控えるという状況にはなってしまうわけですが……。

 英語教育が充実しているかどうかも、人気校の条件になりつつあります。例えば、24年度から「国際コース」を新設した昭和女子大学附属昭和小学校は一気に人気が高まりましたね。その意味ではインターナショナルスクールも人気が高まっているのだと思いますが、そちらは学費が年間3、400万円なんていう世界。それに比べたら私立小学校ならせいぜい100万円程度で済む、という考え方もあるわけです。もちろん、私学受験のためには教室に通うお金もかかるという側面もありますが、それを差し引いても、インターナショナルスクールよりはコスパが良いという見方もできるということでしょう。

ブランドよりコスパ

 こうして考えると、伝統的なブランドだけではなく、コスパや実利の面で私立小学校が選ばれる時代になってきていると思います。主な保護者世代である30代が、ブランドよりもコスパなどの実利を重視する世代であるということもあるのかもしれません。不動産人気を見ても、「遠くの田園調布より近場の豊洲」という価値観が普及してきているのと同じ感覚で、ブランドにこだわりすぎず、教育の中身をしっかり見るご家庭が増えた印象はあります。これまでは出回る情報が少ない世界でしたが、SNSをはじめとして、以前よりは情報が出てくるようになってきているのも、そのような多様な価値観の後押しになっているかもしれません。学校側も、以前に比べると情報を公開して、透明化してきている傾向があるように感じます。

 ですから、少なくとも、小学校受験が“代々の名家だけのもの”という感じではなくなってきているのは間違いないと思います。倍率がそこまで高くないような良い学校だってたくさんあります。今は選択肢も様々な時代ですから、少しでも興味をもたれる学校があるのなら、チャレンジしてみても良い世界だと思いますよ。

〈有料記事「難関校合格の保護者と個人教室の先生が明かす ベールに包まれた『小学校受験』のウラ」では、「志望校選び」や「教室選び」などの戦略の立て方のほか、元私立小教員が解説する「名門校の評価のポイント」、挫折を乗り越えて難関校に合格した漫画家一家のメソッドなど、小学校受験の実態と“勝ち筋”について詳報している〉

デイリー新潮編集部