「棋士になることは勧めませんでした。東大に行けと言いました」と宮田さん(撮影・粟野仁雄)

写真拡大

 挑戦者・伊藤匠七段(21)による藤井聡太八冠(21)の「八冠崩し」がかかる将棋の叡王戦五番勝負の第5局が6月20日に迫る。伊藤七段が5歳から通った「三軒茶屋将棋倶楽部」(東京都世田谷区)の経営者で師匠でもある宮田利男八段(71)に伊藤少年の秘話を聞いた。(前後編の後編)【粟野仁雄/ジャーナリスト】

 前編【「たのって呼ぶぞ」伊藤匠七段 少年時代の秘話を師匠が明かす 藤井聡太が通った将棋教室との“違い”とは】のつづき。

【写真】「ぽっちゃりと可愛らしい顔」だった伊藤匠少年 「顔が細くなりオッサンぽくなった」(宮田利男七段談)姿と比較

子供の頃はぽっちゃりした顔

 伊藤七段はこの1年ほどで驚異的な勝率を上げ、昨年秋には予選トーナメントを制して竜王戦の挑戦者に、今年3月には棋王戦の挑戦者になった。現在、挑戦中の叡王戦を含め、半年で3回もタイトル戦の挑戦者になるのは驚異的だ。しかも、叡王戦では先勝された後に2連勝し、藤井八冠をカド番に追い込んでいる。

「棋士になることは勧めませんでした。東大に行けと言いました」と宮田さん(撮影・粟野仁雄)

 伊藤七段はどんな子供だったのか。近くで見守ってきた宮田さんに訊いた。

「子供の頃はぽっちゃりしたかわいらしい顔をしていたのに、15、6歳頃から顔が細くなり、急にオッサンぽくなった。声変わりで声が低くなったこともあるかな」

 確かに伊藤七段の声は非常に低い。「その頃から『おい、オッサン』って呼んだりしますよ」と宮田さん。そして壁に飾られたセピア色の1枚の写真を指した。師匠の高柳敏夫名誉九段(1920〜2006)、兄弟子の中原誠十六世名人(76)らと一緒に宮田さんが写っていた。

「その写真、私は何歳だと思いますか?」

 答え淀んでいると「19歳ですよ。オッサンでしょ」と自虐的に語った。たしかに19歳には見えない。

 将棋世界では、天才少年らは10代半ばごろから年長者ばかりに囲まれた生活になりがちで、無邪気に同級生などと戯れることなど少ない。そのためか一般の高校生や大学生などに比べて大人びて見えることがあるのだろう。

プロ入りは勧めなかった

 ある時、伊藤少年が「奨励会に入りたい」と言い出した。宮田さんの元に受験の申込書を持ってきて、「先生、ここにサインしてください」と署名欄を示した。そんな伊藤少年に冗談好きの宮田さんは「将来、名人や竜王になって、賞金を半分、先生に持ってきなさい。それなら書いてあげるよ」と。すると普段はおとなしい伊藤少年が「わかりました」と大きな声で言ったのだ。

「おとなしいですが、芯は強い子でしたよ」

 伊藤七段の図抜けた才能に驚いていた宮田さんだが、プロになることは勧めなかった。

「ものすごく学校の勉強ができたので、東大に行って社会のためになる人材になれって言いましたよ。ちょうど東北の大震災があった頃だったし」

 伊藤七段が四段に昇段し、晴れてプロの棋士になったのは2000年のこと。

「本人の強い希望だったので反対まではしなかった」

「25歳までは絶対にやるな」と伝えていること

 宮田さんは秋田県大曲市(現・大仙市)の出身。19歳で奨励会の四段に昇段しプロとなった。高柳名誉九段門下で、兄弟弟子には中原十六世名人をはじめ第52期棋聖の田中寅彦九段(67)や初代竜王の島朗九段(61)などがいる。タイトル歴はなく、一般棋戦では準優勝が多いが、なぜか優勝歴がない。1983年には王座戦の挑戦者決定戦まで行ったが、同門の中原十六世名人に敗れた。

 1986年1月の王将戦の予選では、羽生善治九段(53)のプロデビュー戦の対戦相手となった。藤井八冠で言えば「ひふみん」こと加藤一二三九段(84)の役割である。結果は羽生九段の勝ち。レジェンドとの公式戦対決はこれが唯一だった。宮田さんは2017年に64歳で引退した。

 師匠・高柳名誉九段の遺志を継いで弟子を育ててており、伊藤七段を筆頭に斎藤明日斗五段(25)、本田奎六段(26)など若手の強豪を生んでいる。

 宮田さんが「あと一歩」の栄誉を手にできなかった原因は、酒や博打だったとか。そんな反省から弟子たちには「酒と博打は25歳までは絶対にやるなと話している。およそ匠は、そんなものに溺れるとは思えないけどね」と言う。

 将棋界の人だけと付き合っていては世界が狭くなると考えた宮田さんは、様々な人と交流した。将棋好きで知られた俳優の石立鉄男さん(1942〜2007)とも交流があった。

「ある時、6枚落ちで私が勝ってしまったら、1年くらい電話がかかってこなかった」と笑って振り返る。読書家で歴史物が好き。アイヌ民族の歴史をはじめ、最近では無政府主義者の大杉栄(1885〜1923)らを殺害した甘粕正彦(1891〜1945)に興味を持っているとか。

「将棋ブームはいつまでも続かない」

 現在、隆盛の将棋界について、宮田さんはどこか達観している。

「将棋なんて将来どうなっているかわからない。今はたまたま藤井ブームで盛り上がっているだけ。兄弟子の中原名人の若い頃や羽生さんが若くして名人になった頃など、一時期、人気は出たけど、これほどすごいブームではなかった。プロ棋士は170人くらいしかいないと言っても、棋士になんかになったって食っていける保証はないですよ。プロ野球選手なんかに比べたって、全然、年収も低い。高収入はごく一部の棋士だけ。プロになったって大変ですよ」

 藤井ブームもあって教室は繁盛するが「ブームがいつまでも続くとは思っていない」と言う。藤井八冠についても「世の中の人は藤井八冠時代がずっと続くと勘違いしている。そんなことはあり得ませんよ。豊島(将之)九段(34)だって永瀬(拓矢)九段(31)だって、あのままでは終わらないでしょう」と語る。

 あの羽生九段でも七冠独占を維持できたのはたった5カ月。まずは三浦弘行九段(50)に棋聖を奪われた。羽生九段の「維持記録」を抜いた藤井八冠のタイトル独占を崩す可能性のある男が、今、身近なところにいるのだ。

第5局に向けたアドバイスは?

 ちなみに、宮田さんは「AI(人工知能)嫌い」のようだ。

「人間同士でやる将棋なのに、なぜAIなのか。そんなにコンピューターが大事なら100メートル競走でもロボットを走らせればいい。NHKなんかも最近はAIの勝率を出して放映しているけど、そんな余計なものはいらないですよ。もっとも、それがいいという将棋ファンもいるみたいだけどね」と不満そうだ。

 藤井八冠にタイにされた叡王戦第4局において、伊藤七段の将棋はどうだったかと訊くと、「全然いいところがなかったな。勝ち目がなかった。それでもあれだけ粘ったのは若さですね」と感心する。

 さらに、伊藤七段について「もう将棋で教えることなんかあるはずがない。『三茶のプリンス』を一人のファンとして見ている」と語る宮田さん。

 6月20日に山梨県甲府市で行われる叡王戦第5局の「最終決戦」に向けても、「もう彼には特別なことも言わないし、アドバイスなんかしませんよ。まあ頑張れと言うだけ」と淡々としていた。

「賞金半分」の約束は、まだ実現していない。

前編【「たのって呼ぶぞ」伊藤匠七段 少年時代の秘話を師匠が明かす 藤井聡太が通った将棋教室との“違い”とは】では、老若男女さまざまな生徒が通う「三軒茶屋将棋倶楽部」の様子を紹介している。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に『サハリンに残されて』(三一書房)、『警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件』(ワック)、『検察に、殺される』(ベスト新書)、『ルポ 原発難民』(潮出版社)、『アスベスト禍』(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部