生徒たちに教える宮田利男八段(撮影・粟野仁雄)

写真拡大

 現在、将棋の叡王戦五番勝負で藤井聡太八冠(21)に挑み、対戦成績2勝2敗で「八冠崩し」の筆頭に立つ伊藤匠七段(21)。彼が幼い頃に通っていたのが東急田園都市線の三軒茶屋駅から徒歩3分ほどの古いビルの2階にある「三軒茶屋将棋倶楽部」(東京都世田谷区)である。教室の経営者で伊藤七段の師匠でもある宮田利男八段(71)に話を聞いた。(前後編の前編)【粟野仁雄/ジャーナリスト】

【写真】「ぽっちゃりと可愛らしい顔」だった伊藤匠少年 「顔が細くなりオッサンぽくなった」(宮田利男七段談)姿と比較

老若男女が集まる教室

 年配の男性や女性、高校生など、様々な年齢層の生徒が好きな時間に教室にやって来ては三々五々、「お願いします」と盤の前に座る。宮田さんは次々と指導する。

生徒たちに教える宮田利男八段(撮影・粟野仁雄)

「ダメダメ、それじゃあ角がただで取られちゃうでしょ、しっかり見て」
「相手の番の時は駒を触っちゃダメ」
「もっと速い手があるでしょ。その手は遅い」

 父親に連れられ初めて教室にやってきた男の子がいた。宮田さんはさっと盤から駒の多くを片づけた。

「これで勝ったらかなりのもんだよ」

 宮田さんの駒は玉と歩、金2枚だけ。10枚落ちのハンディでも宮田さんが男の子に勝った。「どこから飛車が成り込めるか考えてごらん」とアドバイスして2局目に挑ませる。

生徒にお菓子を勧める理由

 生徒の将棋盤をぐるぐる回って一手ずつ指す、いわゆる「多面指し」なので、宮田さんは立ちっぱなし。昼食も餡子菓子をほおばっただけだった。相当体力があるのだろう。

 宮田さんが一回りしてくると、今度は幼い女の子が盤の前ですやすやと寝てしまっていた。「あれあれ、ナナちゃん、大丈夫かな?」と宮田さん。付き添いの母親は「自転車を漕いできて疲れちゃったみたいなんです」と申し訳なさそう。なんとも微笑ましい。しばらくして起きてきたナナちゃんは、なかなかしっかりした手を指していた。

 トイレに行く時も子供たちは黙って行くのではなく「トイレお借りします」と声に出してから行く。礼儀を身に着けている。

「いやあ、これは負けました」と宮田さんが頭を下げた。勝った女性は神奈川県相模原市から通っているといい「最初は地元の教室に通い出したんですが、ここがいいって言われたんですよ。将棋が少しわかってきた気がします」と話していた。

 午後6時ごろに店じまい。宮田さんは「これ食べない?」「食べませんか?」と生徒たちにしきりにお菓子を勧める。お菓子が豊富にある理由は「匠が出ている叡王戦のスポンサーが不二家なんで、たくさんもらってくるんですよ」という。

大人しい子どもだった

 将棋教室では生徒同士が指して、それを適宜、先生が見てやることが多い。「かなり強い子が来ていたりすると、それもしますけど、今日はあんまり来てなかったので」とのことだった。

 藤井聡太少年が通っていた「ふみもと子供将棋教室」(愛知県瀬戸市)では子供たちに定跡を暗記させて並べることを徹底的に繰り返す。しかし、宮田さんは「定跡とかそういうのはあんまり教えないんですよ」と言う。トップ棋士を生む将棋教室のやり方も様々だ。

 三軒茶屋将棋倶楽部の将棋盤はビニール製や折り畳み式の板ではなく、しっかりとした木製の分厚いもので、立派な駒台もある。駒もプラスチックなどではなく木製だった。駒袋にいたっては相当の年季が入っていて、ほとんどの袋は紐を通す部分が擦り切れていた。

 5歳で将棋を始めた伊藤匠少年は、世田谷区立弦巻小学校での授業が終わると、ここに駆け付けては袋から駒を取り出して、盤に並べては将棋に熱中していた。

「本当におとなしい子でしたよ。子供同士が騒いだりしてうるさくなると、将棋盤と駒を持ってそっと部屋の隅っこに行って一人で黙々と研究していましたね。集中力はすごかった」と振り返る。

 匠という名から「たっ君」と呼ばれていたが、「(片付けなどの決まりごとを)ちゃんとやったの?」と聞くと、「やったの」といつもか細い声。「『たの、たの』ばかり言ってたら、『たっ君』じゃなくて『たの』って呼ぶぞ」と冗談を言ったからという。

 後編【「三茶のプリンス・伊藤匠七段」を育てた師匠は「プロ入りを勧めなかった」 将棋ブームは続かないと思うワケ】では、宮田さんが伊藤七段のプロ入りに反対していた理由、弟子たちに「25歳まではやるな」と助言していることなどを聞く。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に『サハリンに残されて』(三一書房)、『警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件』(ワック)、『検察に、殺される』(ベスト新書)、『ルポ 原発難民』(潮出版社)、『アスベスト禍』(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部