「私の知ってるお父さんじゃない」家庭教師と浮気した父。数年ぶりに再会した“父の姿”は…⇒浮気して失った『大切なもの』

写真拡大 (全2枚)

浮気の結末に幸せはありません。
しかし、なぜか浮気してしまう人もいるのです。

今回は、浮気して失った「大切なもの」を紹介します。

お金


「夫の浮気が発覚し、相手も家庭を持つ人物だったので、夫は多額の慰謝料を支払う羽目になりました」(26歳/女性)

このような事態を避けるためにも、本当に大切な家庭を守ることを最優先に考えて行動しましょう。

人を信じる気持ち


「私以外にも浮気相手がいることを知って、絶望しました。もう誰も信じられなさそうです…」(27歳/女性)

浮気相手に真剣な関係を求めることはやめましょう。
この先も人を信じられなくなる可能性があります。

最終的に残るのは、深い傷と失望感だけかもしれません。

仕事と家を失う


「職場で浮気がバレて、仕事を失いました。再就職もできず、家賃も支払えず、やむなく実家に戻ることになりました。自業自得だと思っています」(28歳/女性)

浮気は、これまで築いてきたすべてを失うかもしれません。

結果として何も残らない



「自宅の固定電話に非通知設定で20件もの着信があり、そのことを確認するため私の家庭教師と浮気した父と数年ぶりに再会しました。しかし待ち合わせ場所に現れた父は、血色が悪くてシャツもヨレヨレ、なにより目がおかしく…『私の知ってるお父さんじゃない』と衝撃を受けました」(20歳/女性)

浮気したことで大切な家族や幸せな日常を失ってしまった結果、健康的な生活が送れなくなるかもしれません。最終的に、浮気は仕事、財産、そして信頼を含むすべてを失う可能性がありますよ。

(愛カツ編集部)