キムタクは…?春ドラマ&CM 「クギづけ度」ランキング大公開 !視聴率と全く違う「驚きの結果」

写真拡大 (全8枚)

テレビのスイッチがオンになってさえいれば視聴率は上がる。たとえ番組をまともに見ておらず、他の作業をしながらの「ながら見」でも。これで本当に見られている作品がわかるのだろうか――。

そんな疑問から、独自の基準「視聴者のクギづけ度」(注視率)を開発したのがテレビの視聴データ分析会社『REVISIO』(以下、R社)だ。FRIDAYはR社のデータをもとに、4月に放送された連続ドラマ(初回放送分)とCMの注目度ランキングを作成(ドラマはベスト30、CMは同15)。表を見ると、視聴率とはまったく違う驚きの結果が!

個々の作品を解説する前にR社のオリジナル測定法を紹介しよう。広報/マーケティング担当の安武早織氏が話す。

「クギづけ度は、視聴者の視線がテレビ画面に向いているかで判定します。『ながら見』では画面が見られていないことが多いので、視聴率が高くてもクギづけ度は上がりません。一般家庭のテレビにセンサーを設置し、登録した視聴者の骨格が画面を向いているかを測定。

クギづけ度が高いほど、じっくり見られている注目の番組といえます。現在、関東で2000世帯(約4800人)、関西で600世帯(約1500人)ほどのご協力をいただいています。例えばテレビの前にいる100人中70人が画面を見ていれば、クギづけ度は70%になる。表に掲載した視聴率も、弊社が独自に調査した数字です」

大河を牽引する若手俳優

ランキングを見てみよう。まずはドラマから。1位は大河ドラマ『光る君へ』(NHK。主演・吉高由里子、35。放送局や俳優名は以下同)だ。安武氏が続ける。

「大河は毎年上位にランキングされます。とくに『光る君へ』はクギづけ度が高く、過去5年間の大河と比べて最も良い数字です。クギづけ度は秒単位でわかります。注目度の高いドラマの多くがクライマックスの番組後半で数値が上がる傾向がありますが、『光る君へ』の初回は冒頭のシーンが一番注目された。予告編などで期待していた視聴者が、ドラマを待ち望んでいたことがわかります」

人気を牽引するのは若手俳優だ。

「『光る君へ』について弊社は毎週、SNSで各放送回の注目シーントップ3を発表しているのですが、町田啓太さん(33)関連のリポスト率が異様に高いんです。町田さんは藤原公任(ふじわらのきんとう)役で、出演シーンが多くなくてもクギづけ度は一気に上がる。以前から大河を見ている高齢者だけでなく、出演俳優により若者にも注目されていることが『光る君へ』が1位となった要因の一つでしょう」(安武氏)

ランキングを見てわかるのが、男女の注視率の違いだ。R社のカスタマーサクセス担当・板本真澄氏が解説する。

「女性はキャスティングによって、クギづけ度が上がる傾向があります。15位の『アクマゲーム』(日本テレビ系。間宮祥太朗、30)は、男性の注目度は23位と低いわりに女性では11位と比較的高い(R社は約40作品を調査)。年代別のクギづけ度もわかります。同ドラマに出演しているのは間宮さんの他にアイドルグループ『SixTONES』の田中樹さん(28)や竜星涼さん(31)などで、若い熱心な女性ファンによく見られているんです」

今年で52歳になる木村拓哉主演の9位『Believe』(テレビ朝日系)も、若い女性人気が高いという。

「表では女性注目度は13位ですが、若い層のクギづけ度が高いんです。恋愛は女性が好むテーマの一つ。木村さんの過去の主演作品をリアルタイムで知らない年代の女性も、地上波の再放送や動画配信サービスで話題となった木村さんの恋愛ドラマを視聴しています。今とは違うトレンディな内容にハマった女性が、気になって『Believe』を見ているのかもしれません」(板本氏)

男性が好む作品のポイントは社会性だ。

「例えば4位の『虎に翼』(NHK。伊藤沙莉、30)は、男性注目度も4位と高い。テーマは法律で、男性には見ごたえのある重厚なドラマが好まれます。全体が6位で男性では3位の『アンチヒーロー』(TBS系。長谷川博己、47)のモチーフも刑事裁判で社会性が高い。同作は視聴率が1位なうえにクギづけ度も高く、視聴者にとって魅力十分の作品といえるでしょう」(同前)

2位と3位のドラマに、意外性を感じた人も多いだろう。視聴率は34位、35位と低いのに注視率は上位にあるのだ。

「どちらも、いわゆるボーイズラブ作品です。深夜帯ということもあり視聴率は高くありませんが、熱心なファンが多いジャンルなんです」(前出・安武氏)

次にCMの注視率を見てみよう。CMはスポンサーとなる番組の注目度に左右され結果が偏(かたよ)りがち。番組の影響力を極力排除した、R社の独自測定法でスコア化したのが上の表だ。1位は、新垣結衣(35)が出演する任天堂「スーパーマリオブラザーズ」。板本氏が話す。

「男性のクギづけ度が1位で、新垣さんの人気の高さがわかるでしょう。内容は、自宅にいる新垣さんがオンラインゲームで素の反応を見せるというもの。憧れの女優と一緒にゲームをしているような感覚が、ウケているようです」

注目されるCMの特徴はストーリーがしっかりし、意外性もあることだという。ゲームに夢中になるガッキーの反応は、他で見られない希少性があるのだろう。

例外的に視聴者をクギづけにしたのは、6位の小林製薬「お詫びとお願い」だ。

「4月は紅麹(べにこうじ)で同社のサプリが批判されていた時期です。30秒間のCMですが、クギづけ度が落ちることはない。問題への関心の高さがうかがえます」(同前)

注視率の高い作品には、視聴者の心を掴み視線を逸(そ)らさせないキーとなる俳優がいる。彼ら彼女らが物語性と配役にハマればクギづけ度はグンと上がるのだ。

『FRIDAY』2024年6月7・14日号より