1部残留に歓喜する国大の選手ら=神奈川工大KAITスタジアム

 神奈川大学野球春季リーグは26日、神奈川工大KAITスタジアムで横浜国大―松蔭大の1部、2部入れ替え戦の2回戦を行い、国大が延長十回の末、6―5でサヨナラ勝ちして1部残留を決めた。

 国大は1点を追う七回に藤沢の2ランで逆転。九回に追いつかれたが、延長十回に牧島が左前にサヨナラ打を放った。