ロシア事業手掛ける欧州の銀行は多くのリスクに直面=米財務長官

写真拡大

David Lawder

[ストレーザ(イタリア) 25日 ロイター] - イエレン米財務長官は25日、ロシアで事業を行う欧州の銀行のリスクは高まっているとして、戦争のための取引を支援している銀行への二次的制裁の強化を検討していると述べた。

ロイターのインタビューで語った。具体的な内容や対象となる銀行については明言を避けた。

主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議が開催されたイタリアのストレーザで、ロシアでの銀行取引に関連した制裁は「そうする理由がある場合にのみ行うが、ロシアで事業を行うことは非常に多くのリスクを生む」と述べた。

オーストラリアのライファイゼン・バンク・インターナショナル(RBI)とイタリアのウニクレディトのロシアからの撤退を望むかとの質問には「両行の監督当局は、ロシアでの行動に細心の注意を払うよう助言していると思う」と述べた。

米国による二次的制裁の強化は、ウクライナ戦争を巡りロシアやその他団体に対する一次制裁の回避を援助していることが判明した場合、その銀行を米金融システムから切り離す権限を財務省に与えるもの。

イエレン長官や他の財務省高官は、ロシア経済はますます「戦争経済」化しており、民生用と軍事用、あるいは両用取引の区別が難しくなっていると指摘している。