CBS MarketWatchによると、米新聞大手トリビューンに対し、ベイン・キャピタルとトーマス・H・リー・パートナーズの投資会社2社が、それぞれ買収案を提示しているもよう。28日のブルームバーグ通信が報じたところによると、ベイン・キャピタルは単独での買収を、トーマス・H・リー・パートナーズは、テキサス・パシフィック・グループとのコンソーシアムを計画している。業界筋からは、事業よりも保有している資産が目当てではないかとの見方も示されている。

  トリビューンはシカゴ・トリビューン、ロサンゼルス・タイムズとニューズデーなど新聞11紙、テレビ局26局を傘下に置くほか、米大リーグのシカゴ・カブスも所有している。 【了】