XFN-ASIAによると、韓国自動車最大手の現代自動車は30日に発表した第3四半期(7−9月)決算で最終利益が前年同期比47.1%減少の2828億ウォン(約350億円)となったことを明らかにした。第2四半期(4−6月)と比べても27.0%の減少だった。減益となったのは、同国の通貨ウォンが上昇し為替差損が生じたことや従業員のストライキが響いた。営業利益は前年比31.6%減の1833億ウォン(約230億円)で、これは前期比でも55.2%と大幅な減少となり、市場予想の2700億ウォン(約340億円)を大幅に下回った。売上高は5兆8900億ウォン(約7350億円)で、前年比4.2%減、前期比15.9%減だった。【了】

関連記事:
フォードと現代自の中国合弁がそれぞれ大規模リコール=計15万台(10月17日)
フォードのジャガー部門買収に関心はない=韓国・現代自(8月18日)
韓国・現代自動車、1カ月に及ぶストが完全収拾=労組が賃上げ案承認(7月29日)