『おジャ魔女どれみ25周年メモリアル展』開催決定 (C)東映アニメーション

写真拡大

 テレビアニメ『おジャ魔女どれみ』25周年記念展示イベント『おジャ魔女どれみ25周年メモリアル展』が、8月10日から8月25日まで、東京・ラフォーレミュージアム原宿にて開催される。これを記念した第2弾ビジュアルとグッズの一部が公開された。

【写真】クオリティ高い!カチューシャやティッシュケース 『おジャ魔女』展のグッズ

 同展示は、どれみたちのクラスメイトになったような気持ちになれる“教室”コーナーや、作品を形づくる“魔女界”を体感できるコーナー、おジャ魔女の世界に入り込めちゃう!?フォトスポット、本作の印象的なエピソードを振り返られる展示など、盛りだくさんな内容となっている。

 第1弾ビジュアルの夕暮れから、ほうきにのって夜空を飛んでいる第2弾ビジュアル。今回は妖精たちとマジョリカ・ララも一緒となっている。

 グッズは定番の「ダイカットアクリルキーホルダー(6種ランダム)」や、「キャンバスアート(教室ver.)(夜空ver.)」はどちらもゲットしたくなる描き下ろし2種で展開。

 25周年を記念して作中に登場したアイテムを再現する「MAHO堂号風ティッシュケース」や、展示会がもっと楽しくなる「どれみちゃんカチューシャ」、当時を思い出すような「なつかしタイル風シール」など、グッズラインナップの一覧は28日に公開&事前予約は5月31日よりスタートする。

 同作は、1999年より朝日放送・テレビ朝日系列で4年間放送され、2024年にアニメ放映25周年を迎えた人気シリーズ。ひょんなことから魔女見習いになった3人の少女、どれみ、はづき、あいこを中心に、学校と「MAHO堂」というお店を舞台に、一人前の魔女になるためのマジカルでミラクルな修行の毎日が続く物語。シリーズを通しておんぷ・ももこ・ハナちゃんら魅力的なキャラクターが増えていき、20周年時には20周年記念作品「魔女見習いをさがして」が2020年11月より全国劇場公開された。