『トラペジウム』コミカライズ決定

写真拡大

 乃木坂46一期生・高山一実の長編デビュー小説で、今月10日には劇場版アニメも公開された『トラペジウム』のコミカライズが決定した。8月よりカドコミ(KADOKAWA)にて連載を開始する。

【動画】西野七瀬&高山一実、乃木坂46時代の仲良しエピソード明かす「お婆さんの声でよく会話してた」

 連載開始に先立ち、主人公・東ゆうを中心にしたメインキャラクターの少女たちが朝焼けを臨むキービジュアルも公開された。作画を担当するのは、人気イラストレーターの和遥キナ氏。かわいさの中に確かな意志の強さを合わせ持つ少女たちのイラストが『トラペジウム』の世界観にぴったりハマり、まっすぐにアイドルを目指す10代の少女たちが瑞々しく描かれている。

【あらすじ】
高校生の東ゆうは、幼い頃に異国の地で見た日本のアイドルに心奪われ、密かにアイドルになることを夢見ていた。その夢を叶えるため、自身に次の4箇条を課す。「SNSはやらない」「彼氏は作らない」「学校では目立たない」そして、「東西南北の美少女を仲間にする」。自身が住む「東」を起点に、各方位の仲間集めに奔走するゆう。高校生活のすべてをアイドルという夢に捧げた彼女がたどり着くのは、どんな未来なのか――。

アイドルという輝かしい世界、それを夢見る10代の少女たちの刹那的な時間、美しさ、そして脆さ。そのすべてを詰め込み、アイドルとは、夢とは何かを問いかけ続ける、圧倒的な青春物語。

■著者:高山一実(たかやま・かずみ)
1994年2月8日生まれ。千葉県南房総市出身。2011年8月、乃木坂46第一期メンバーオーディションに合格。デビュー小説となる『トラペジウム』は、累計25万部を超える大ヒットを記録。

■作画:和遥キナ(かずはる・きな)
東京都出身の人気イラストレーター。代表作は、『祝姫』『あやめの町とお姫様』『境界の皇女』『インテリぶる推理少女とハメたいせんせい』など。