火曜ドラマ『くるり〜誰が私と恋をした?〜』の場面カット(C)TBS

写真拡大

 モデル・俳優の生見愛瑠が主演を務める、TBS系火曜ドラマ『くるり〜誰が私と恋をした?〜』(毎週火曜 後10:00)の第7話が、21日に放送された。

【写真】めるる、ずぶ濡れプールシーン

 第7話は、まこと(生見愛瑠)と杏璃(ともさかりえ)は、特別なリングケースを探しているというオーダーを受け、頭を悩ませていた。そこで、花を使って何かできないかと考えたまことは、公太郎(瀬戸康史)の元へ相談に行く。後日、公太郎がサンプルを持ってリングショップにやってくると、偶然にも公太郎が杏璃の弟の聡(浜中文一)と幼馴染であったことが判明する。しかし、公太郎と聡は過去のある出来事がきっかけで疎遠になってしまっていた。

 公太郎と聡の間にあった出来事を知ったまことは、公太郎に聡との関係を修復してほしい一心でその想いを伝えるが、忘れてしまう悲しさがわかるまことと、忘れたくても忘れられない辛さを抱える公太郎は口論になってしまう…。

 一方、朝日(神尾楓珠)は、律(宮世琉弥)の元を訪ねていた。律がまことと以前から知り合いだったことを公太郎から聞いていた朝日は律を問い詰める。律は「ただのいい人に負ける気しないんで」と朝日を挑発し…というストーリーだった。

 学生時代、聡が運転するバイクに乗り、事故に遭った公太郎はバスケ選手の夢を絶たれてしまう。事故以降、疎遠となっていた2人だが、まことの尽力もあり聡の結婚式で再会し、すれ違っていたお互いの思いを伝え合って無事に雪解けをした。

 ラストは、公太郎が親友との仲直りの機会を作ってくれたまことへバスケを教えるシーン。まことが「公太郎さんのシュートが入ったら、何かご褒美!」と提案すると、それまで元カレとして見守ることの多かった公太郎が「…じゃあ、デート」と返し、宣言通りにシュートを決めた。

 一連のシーンに視聴者からは「青春だな〜」「公太郎あまりにも本命すぎる、もう付き合ってんだろこいつら」「遂に公太郎さんが本気出してきた」「朝日も律も捨てがたいけど、やっぱり公太郎さんが一番かな」などの声が寄せられている。

 本作は、人に嫌われないよう、自分自身の素を見せず、悪目立ちしないように生きてきた主人公・緒方まことが、ある事故で記憶喪失になり、手元に残された男性用の指輪を手掛かりに“恋の相手”と“本当の自分”を探していくラブコメミステリー。