【MLB】ドジャース6−4ダイヤモンドバックス(5月20日・日本時間21日/ロサンゼルス)

 ドジャースの山本由伸投手がダイヤモンドバックス戦に今季10度目の先発登板。メジャー自己最多の100球を投げ、7回途中被安打7、8奪三振2失点のピッチングで今季5勝目をあげた。メジャーデビュー以降、立ち上がりが不安定で早いイニングでの失点が目立っていた山本だったが、この日は序盤から抜群のコントロールで相手を寄せ付けないピッチング。“気持ち良すぎる”奪三振ショーを見せた。

【映像】山本由伸、ビッタビタで三球三振の驚愕コントロール

 山本は韓国で行われたパドレスとの開幕シリーズで喫した5失点をはじめ、これまでに先発した9試合中5試合で1、2回に失点しており、立ち上がりに課題を残していたが、この日は初回からランナーを背負いつつも3つのアウト全てを三振で取る上々のスタート。

 2回も内野ゴロと外野フライで簡単に2アウトを取り、迎えるは7番・スアレス。ここでも山本は内角低めの95マイル(約152.8キロ)のストレート2球でテンポ良く追い込むと、3球目の外角低めいっぱいに決まる変化球で空振りを奪い、三球三振とした。

 課題の立ち上がり2イニングで、2つの三球三振を含む4奪三振のピッチングを見せた山本に対し、ABEMAの視聴者からは「言うことねえわ」「サクサク!」「コントロールえぐい」「惚れ惚れする」と絶賛のコメントが相次いだ。

 その後山本は3回に1点を失うものの、課題の立ち上がりを最小失点で切り抜け、チームもホームラン3本で山本を援護。最終的にドジャースが6-4で勝利し、4連勝となった。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)