結婚後、旦那のモラハラな一面を見てショックを受けた人も多いですよね。黙って耐えていたら、相手は余計つけ上がるばかり? ハッキリ言い返すことも時には重要だし、あまりに横暴ぶりには離婚を切り出すしかありません。今回はそんなモラハラ夫に「一生一人でいろ!」と反撃し、三下り半を突きつけた妻の話をご紹介します。

こだわりが強すぎる夫

「夫は神経質でこだわりが強いタイプ。朝起きるときは必ず私が先に起きて朝食の用意をしていないといけないし、部屋が汚れていると細かく指摘してきて、本当嫌でした。
ある朝に目玉焼きを出したら、夫は『これ焼きすぎ。なんで卵焼くことすらできないんだよ、無能だな』と言われ、私もブチ切れして『そんなにこだわりがあるなら一生一人暮らししてろ』と怒鳴り返していて。結局、私から離婚を切り出しました」(20代・会社員)

▽ 大好きな人との結婚生活って本来楽しいはずですが、こんなふうにこだわりが強すぎると毎日の生活が拷問のように感じられてきて、ちっとも楽しいどころではないですよね。そんなにこだわりがあるなら、お前が自分でやれよ! とも思いますが、相手にも同じレベルのこだわりを求めるのがモラハラ夫の厄介なところ。これはもう別れるしかありません!