中国の発明特許産業化率、5年連続の上昇を実現

写真拡大

中国国家知的財産権局は16日、「中国の2023年の発明特許産業化率は前年比2.9ポイント上昇の39.6%で、5年連続で安定的に上昇した」と明らかにした。新華社が伝えた。

同局がこのほど発表した「2023年中国特許調査報告書」によると、23年、イノベーションの主体としての中国企業の発明特許産業化率は前年比3.2ポイント上昇の51.3%だった。中国企業の産学研(企業・大学・研究機関)発明特許産業化の平均収益は1件当たり1033万2000元(約2億1700万円)で、企業の発明特許産業化の平均収益(829万6000元)を24.5%上回った。また、企業の産学研連携による重要技術または中核部品の研究開発の問題解決率が56.1%と最も高い。これは産学研連携が重要中核技術の研究開発において重要な役割を発揮しており、産学研連携のイノベーションが顕著であることを物語っている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)