佐々木俊輔

写真拡大

阪神に勝ち越し

 巨人が開幕カードとなった阪神3連戦を2勝1敗と勝ち越した。昨年は日本一、しかも対戦成績で6勝18敗1分と大きく負け越した相手だけに阿部慎之助監督率いる巨人、いい手応えを得たと思う。

【写真を見る】かつて阿部慎之助の指示で丸刈りにされた「イケメン捕手」とは?

 3連戦勝ち越しの主役は投手陣だった。

 確かに阪神打線は打てなさ過ぎた面もあった。第3戦で森下翔太の先制3ランが出るまで開幕から25イニング連続無得点、セ・リーグではリーグワースト記録だ。

 逆に巨人サイドから見れば開幕から25イニング無失点はプロ野球タイ記録、セでは最長だという。

 この3連戦、開幕投手の戸郷翔征、フォスター・グリフィン、高橋礼と三人の先発がそろっていい投球をした。

佐々木俊輔

投手陣が良かった

 戸郷はさすがだった。常にストライクを先行させていた。真っすぐとフォークというイメージがあるが、これにスライダーをうまく使っていた。

 スライダーでカウントを取ることができれば投球の幅が広がる。6回を100球、被安打4で無失点。先導役をキッチリ果たした。

 グリフィンはいい球を投げよう、投げようとして力んでいた。変化球が抜ける場面も見られた。

 それでも7回途中被安打6で無失点、それほど良くなくても修正してまとめた。昨年もそうだったが、この安定感が強みだ。

 中継ぎ陣も良かった。第1戦、戸郷の後を受けて新人の西舘勇陽から中川皓太、最後を守護神・大勢が締めた。第2戦、西舘からアルベルト・バルドナード、最後は堀田賢慎が3人で打ち取った。

 こんな中継ぎ陣を見るのはいつ以来だろう。昨年までは終盤に入ると、中継ぎ陣が四球から崩れて試合が暗転するケースを何度も何度も見せられてきた。

 1、2戦の中継ぎ陣の四球は0、敗れた3戦目は2個だった。3連戦で先発した戸郷、グリフィン、高橋礼はそれぞれ2個だった。

 巨人、昨年はリーグワースト2位となる465与四死球を記録している。

 阿部監督は投手陣に「困ったらど真ん中に投げなさい」と指令を出している。コースを狙って力強さに欠けた球で自滅する。なら大胆に攻めなさいということだ。

 投手はストライクを先行させて打者を追い込むのが基本だ。打者は追い込まれたらボール球にでも手を出す。

 ストライクを先行させる。四死球を与えなければ勝てる。当たり前のことだが、いかに大事なことかも分かったのではないか。

佐々木俊輔を使い続けるなら…

 第3戦目は拙攻があったし、中川が森下に浴びた一発が致命傷となった。あそこで本塁打はやっぱりいかん。

 それでも高橋礼が低め低めを心がけた投球を見せてくれた。丁寧だった。長打をそう簡単に浴びないのではないか。この3連戦、投手陣再建を印象付けた。

 心配なのは打線だ。新人ながら1番に抜てきした佐々木俊輔の内容が悪い。

 第1戦から3戦までの11打席、ポテンヒットはあったものの、芯で捉えた打球は一球もなかった。

 速球に対応できない。甘い球を見逃して、ボール球を振る。力みがある。見ていると打てる気がしない。オープン戦では成績を残したが、公式戦は違う。出てくる投手が違う。

 もちろん、まだ3試合である。3試合ではあるが守備、足にはいいものを持っている。阿部監督が今後も使い続けたいというのなら、8番に置くのも手だろう。

「タイムリー欠乏症」になるかも

 1番と2番・門脇誠がうまく機能していない。3連戦、岡本和真、坂本勇人の一発が出たが、このまま機能しないと昨年のように「タイムリー欠乏症」に陥る可能性がある。

 1番には吉川尚輝だ。吉川も頼りない面があるけど経験は豊富だ。佐々木が8番で結果を出したら1番に戻せばいいし、ダメなら、松原聖弥だろう。

 萩尾匡也、浅野翔吾が1番候補に挙げられているが、どちらも力不足だ。ことに浅野は打撃が硬い。柔軟性に欠けている。

 このまま1軍に置いておくよりも、ファームに落として1番なら1番でずっと使い続ける。経験をみっちりと積ませる。これがベストだと思うが。

丸の7番に違和感

 ここでひとつ解せないのが秋広優人のファームだ。オープン戦での成績が悪かった(打率1割2分5厘)ということで調整となったようだが、これはどうか。

 秋広は高卒3年目の昨年、一時クリーンアップを任された。打率は2割7分3厘、本塁打を10本打っている。

 いわば実績と経験がある。いくらオープン戦の成績が悪いからといって、開幕からファームにいる選手ではない。近々、上がってくるとは思うが首をかしげた次第だ。

 それに丸佳浩の7番はどうかねえ。チームを外から見るのと中から見るのは違うけど、丸の7番にはちょっと違和感がある。3番に置くのが相手にとっても脅威ではないか。

 最後はあれこれ言ったが、これも巨人が好発進したからこそである。

 2日からはバンテリンドーム ナゴヤに乗り込んで中日3連戦だ。開幕3連戦を「投手陣再建を印象付けた」と前述したが、山崎伊織、ヨアンデル・メンデス、そしてエース復活を懸けて菅野智之が先発する。

 果たして三人がどんなピッチングを見せてくれるのか。打線の行方ともども注目したい。(成績などは1日現在)

柴田 勲(しばた・いさお)
1944年2月8日生まれ。神奈川県・横浜市出身。法政二高時代はエースで5番。60年夏、61年センバツで甲子園連覇を達成し、62年に巨人に投手で入団。外野手転向後は甘いマスクと赤い手袋をトレードマークに俊足堅守の日本人初スイッチヒッターとして巨人のV9を支えた。主に1番を任され、盗塁王6回、通算579盗塁はNPB歴代3位でセ・リーグ記録。80年の巨人在籍中に2000本安打を達成した。入団当初の背番号は「12」だったが、70年から「7」に変更、王貞治の「1」、長嶋茂雄の「3」とともに野球ファン憧れの番号となった。現在、日本プロ野球名球会理事を務める。

デイリー新潮編集部