ディープインパクトが天皇賞・秋(10月29日、東京競馬場、G1)への出走を回避することが22日、決まった。

 池江泰郎調教師が日本中央競馬会(JRA)を通じ、「ディープインパクトは天皇賞を目標としてきましたが、オーナーと協議した結果、帰国後日が浅いため、出走を見送ることにいたしました。次のレースに向けて、調整していきたいと思います」 とのコメントを発表した。