JRA(日本中央競馬会)は19日、今月1日にフランスで行われた凱旋門賞で3着となったディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎=今季限りで引退)の理化学検査で、馬体から禁止薬物(イプラトロピウム)が検出されたと発表した。フランスの競馬統括機関フランスギャロから報告を受けた。 JRAはこの件に関し同日午後6時から会見を行う予定。