「赤は常温、白は冷やして」といわれるが…ワインを楽しむために知っておきたい〈飲み頃〉の温度とは?【ワインエキスパートが解説】

写真拡大 (全3枚)

“ちょっといいワイン”を手に入れたものの、すぐには飲めないという場面では、ボトルをどのように保管しておくべきでしょうか。また、ワインの温度について一般的に「赤は常温、白は冷やして」といわれますが、それは一体何度くらいのことを指すのでしょうか。本記事では、Tamy氏の著書『世界一おいしいワインの楽しみ方』(三笠書房)より一部を抜粋し、ワインをおいしく飲むための保管方法や飲み頃の温度について解説します。

ワインをおいしく保存する方法

ワインに適した環境とは、どんなものなのでしょう。それは、ワイナリーの地下室を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。暗くて湿度が高く、匂いや振動がなく、温度変化のない涼しい場所です。

普段飲むようなデイリーワインであればそこまで気を使う必要はありませんが、ちょっといいワインを買ってみたら、ぜひこの条件を思い出して保管してみましょう。

「せっかく高級ワインが手に入ったのに、すぐに飲めない」というような場合は、床下や押し入れなど温度変化の少ない暗い場所で保存するのが基本です。

ボトルを新聞紙に包み、箱に入れて寝かせた状態にするのがいいでしょう。

特に夏場は、室内でも気温が上がりやすいのでワインの劣化も進みやすい時期です。そうした時期は、冷蔵庫の野菜室など匂い移りの少ない場所で横に寝かせた状態で保存します。それでも、猛暑の際はできる限り自宅での長期保存は避けるべきでしょう。

また飲み残したワインの保存にもポイントがあります。ワインは1度栓を抜いてしまうと、空気に触れて酸化が進みます。開けたその日のうちに飲み切るのが理想ですが、数日間であればそのままでも問題ありません。

若過ぎるワインは開栓した翌日の方がおいしい場合もありますし、熟成型の繊細なヴィンテージワインはゆるやかに味が落ち着いていくので、その過程も楽しめます。

残ったワインの瓶には栓をして冷蔵庫で保存しますが、抜栓したコルクが入らない場合はワインストッパーなどを使いましょう。様々な種類がありますが、手動のポンプを使って瓶内の空気を抜いて栓ができる保存用アイテム「VACU VAN」などが定番です。

また、個人的に重宝しているのが、シャンパンストッパー。スパークリングワインを飲み残すと、炭酸ガスが抜けてしまい翌日は飲めなくなってしまいますが、この栓を使うと炭酸ガスが抜けるのを防ぎ、開けたて程とはいかないものの、翌日もおいしく飲めるスグレモノです。

飲み残したワインの保存に役立つアイテム

また、高級ワインが手に入ったら、ワインセラーで保存するのがベストです。値は張りますが、万全の品質管理ができるようになります。

高級ワインが手に入ったらワインセラーで保存するのがベスト

ワインは少しひんやりが適温

ワインをおいしく飲むには、それぞれのワインについて飲み頃の温度を知っておくことが大切です。

一般的に「赤は常温、白は冷やして」といわれていますが、この「赤は常温」とはヨーロッパの地下室などの温度(18℃前後)を指していることから、日本の常温、特に夏場は赤ワインにとって温度が高過ぎることがあります。冬なら暖房のない部屋にワインを置き、夏は冷蔵庫の野菜室などで冷やして、飲む前に出すとちょうどいい温度になるでしょう。

赤ワインは冷やし過ぎると渋味やタンニンが強くなるので注意。軽めの赤なら14℃〜16℃、フルボディなど重めの赤なら16℃〜20℃ぐらいがオススメです。

白ワインは酸味のあるフルーティーなタイプは、冷やした方がフレッシュな味わいになります。逆にコクのある重めの白ワインは、冷やし過ぎると味や香りが損なわれることも……。軽めの白は6℃〜11℃、重めの白なら12℃〜16℃ぐらいが適温でしょう。

またスパークリングワインの場合は、ほかのワインに比べてやや温度を低めにしておくのがベターです。そうすることで、スパークリングワイン特有の爽やかな酸味をスッキリと感じられます。温度は6℃〜10℃が飲み頃です。

ワインの温度は「ワインサーモメーター」などを使ってチェックできます。ワインボトルに巻きつけるだけでワインの温度を測れる便利なグッズです。ワインセラーなどを使っても意外と難しいワインの温度管理が、このアイテム1つで簡単にできる上、2000円〜3000円で様々な種類が販売されているので、1つ持っていると重宝します。

冷やす時間の正解は?

では、常温のワインを冷蔵庫やワインクーラーを使って適温にするには、それぞれどのくらいの時間冷やす必要があるのでしょう。室内22℃で冷蔵庫は4℃、ワインクーラーは氷水で冷やした場合、時間が次の通りです。

重めの赤ワイン(適温16℃〜20℃):冷蔵庫約30分

軽めの赤ワイン(適温14℃〜16℃):冷蔵庫約45分

重めの白ワイン(適温12℃〜16℃):冷蔵庫約1時間、ワインクーラー約10分

軽めの白ワイン・ロゼワイン(適温6℃〜11℃):冷蔵庫約2時間、ワインクーラー約15分

スパークリングワイン・デザートワイン(適温6℃〜10℃):冷蔵庫約3時間、ワインクーラー約25分

あくまで一例ですが、常温のワインをちょうどいい飲み頃の温度にする際に、大まかな目安にしてみてください。夏場などの暑い時期は、少し長めに冷やしておくといいでしょう。