まずは開幕戦(ドジャースの公式Xより)

写真拡大

 大谷翔平(29)が今季中に二刀流復活を遂げるかもしれない……。オープン戦が始まった今、そんなうわさが現地アメリカの記者たちの間でささやかれているという。決して荒唐無稽とも言い切れないようだが、いったいどんなプランなのか。

 ***

【写真を見る】大谷をとりこにした地元放送局女性レポーター

 昨年9月に右肘靭帯を修復する手術を受けた大谷は現在、リハビリを兼ねながら所属チームのドジャースでスプリングトレーニング(春季キャンプとオープン戦)に参加中だ。

 野球専門メディア「Full‐Count」編集部の小谷真弥氏は現状についてこう語る。

「予想以上に速いペースで回復が進んでおり、3月20日の韓国での開幕戦に間に合いそうだ、といった声も聞こえてきました」

まずは開幕戦(ドジャースの公式Xより)

今季は打者に専念?

 すでに大谷はバッティング練習で柵越えの特大アーチを連発しており、打者としての復活は目前。であれば、一方の投手についてはどうなるのか。

「今季は投手を務めず、打者に専念するのではないでしょうか。シート打撃登板など本格的な投球練習はレギュラーシーズン終盤の9月ごろに始められるのではないか、と執刀医が述べているからです。さすがにそこからすぐに実戦で投げるのは厳しいと思います。大谷選手は球団と10年もの長期契約を交わしており、結果を急いで無理する必要がありません。球団からしてもドジャースは投手陣の層が厚く、わざわざ無理してもらう必要がない」(同)

「早期復活を果たそうとしている」という見方も

 セオリー通りに考えれば二刀流復活は来季以降になるのだろう。しかし、今季のうちに復活を遂げるとみる向きもあるのだとか。さるスポーツ紙の野球担当記者によれば、

「現地アメリカの記者たちは、大谷選手が今季中の二刀流復活を本気で目指している、とみています」

 その根拠は、

「本人がピッチングの開始時期について口を噤んでいるからだと。彼の生真面目な性格を踏まえると、何も発言しないのは、周囲の予想を裏切って早期復活を果たそうとしているからだという見方です。このまま順調に回復が進めば、投球練習の開始時期も当初いわれていた9月ごろより早まるのではないか、と期待する声があるのです」

 そうなれば、レギュラーシーズンには間に合わなくても、10月のポストシーズンでの登板は可能になるかもしれないという。

「完全復活とまではいかなくても、ポストシーズンの大事な一戦でセットアッパーとして登板するプランなんて面白い。復活を“急がなくていい”という声があるのも理解できますが、大谷選手はもはや若くはない。高いレベルであと何年、二刀流ができるのか。本人の野球に懸ける熱い気持ちを思えば、少しでも早く投げ始めたいのは当たり前のことでしょう」(同)

「もし3度目のケガを負えば…」

 翻って、メジャーリーグ評論家の友成那智氏の見解はこうだ。

「大谷選手は以前も右肘靭帯を修復する手術を受けて2020年に復帰しましたが、その時、ぶっつけ本番でメジャーで登板したら制球が定まらず、良い成績を残せませんでした」

 そもそも、目先の成績以前の話として、

「仮に右肘に3度目のケガを負えば、投手生命が絶たれてしまうかもしれない。本人が早く出たいと言ったところで、今季は球団が慎重に仕上がりを見極めていくでしょう」(同)

 否が応でも期待は高まるが、今はわずかな焦りすらも禁物である。

「週刊新潮」2024年2月29日号 掲載