【WWE】イリミネーション・チェンバー(2月24日/パース)

 地元ファンの声援を受け、急遽タイトル戦に抜擢された長身美女レスラーが日本人女子王者チーム相手に大活躍。長身から繰り出される技、規格外のスタイルに「あしなっが」「スタイルいい」と驚きの声があがった。

【映像】足が長すぎる長身美女レスラー

 オーストラリア・パースで開催されたプレミアム・ライブ・イベント「イリミネーション・チェンバー」に、WWE女子タッグ王者“カブキ・ウォリアーズ”ことカイリ・セイン&アスカが参戦。インディ・ハートウェル&キャンディス・レラエとの急遽決定した防衛戦で見事勝利したが、一方で大観衆に迎えられた地元出身のインディが躍動。その長身を活かした豪快な戦いぶりに注目が集まった。

 序盤からなかなかキャンディスからタッチできないインディに地元ファンもストレスを募らせたが、タッチに成功すると5万人の声援を受けインディはカイリとアスカをまとめて手玉に取り「どうよ」とガッツポーズ。
 
  インディの長身から繰り出すクローズラインに、解説の堀江ガンツの「打ち下ろすようなクローズラインですもんね」。さらに実況の塩野潤二アナウンサーも「大きいですよね」、ゲスト解説のタレントでグラビアモデルのまつきりなも「足長いですね…」と思わずため息を漏らした。
 
 175センチと長身のインディにファンも 「あしなっが」「スタイルいい」「いいレスラーだな」「インディは化けるよ」「若いのに動きがいい」と反応。その間も日本人コンビ相手に連続でスパインバスターや変形フェイス・バスターから、キャンディスのムーンサルトとコンビプレーを見せるなど王者チームを脅かした。

  試合は後半狡猾な戦いを見せる王者チームが徐々に試合の主導権を握り、最後はカイリがアスカのアシストから高さのある「インセイン・エルボー」をキャンディスに決めカウントスリーで防衛成功。

 凱旋勝利とはならなかったインディだが、試合後には地元パースの観客から惜しみない拍手。タッグパートナーを抱えあげ5万人総立ちの「インディ・ハートウェル!」の大合唱に応えていた。(ABEMA/WWE『イリミネーション・チェンバー』)