向井理“警察官&詐欺師”2つの顔を持つ難役に挑む『ダブルチート 偽りの警官Season1』放送決定

写真拡大

向井理が、4月26日(金)よりスタートする新ドラマ8『テレビ東京×WOWOW 共同製作連続ドラマ ダブルチート 偽りの警官Season1』(テレビ東京系、毎週金曜20:00〜)の主演を務めることがわかった。

数多くのヒット作を生み出してきたWOWOWとテレ東の初共同製作となる今作。主演に向井、さらに脚本・𠮷田康弘や監督・河野圭太など数々の話題作を手掛けてきたクリエイター陣を迎えてお届けする、近年ネットの普及と共に拡大し続ける様々な詐欺被害をテーマにした、正義と悪を使い分けながら法では裁けない悪を裁くクライム・エンターテインメントだ。すでにSeason2の制作&WOWOWでの放送・配信が決定している。

交番勤務の警察官・多家良啓介(向井)は、とある商店街の交番に勤める真面目で頼られる存在。しかし、多家良には誰も知らない過去と裏の顔が……。それは、法では裁けない相手ばかりを狙う“詐欺師K”。彼は、なぜ警察官でありながら詐欺師の仮面をかぶることになったのか? その裏に隠された過去とは? 法を超えて悪人を欺き、身内となる警察をも欺く多家良の真の目的とは……。

向井がテレ東のドラマで主演を務めるのは、約2年ぶり。近年演じてきた役柄と雰囲気が異なる、二つの顔を持つ主人公に挑戦する。

<向井理(多家良啓介役)コメント>
今回、警察官と詐欺師という相容れない役を同時に演じます。昨今、様々な詐欺という犯罪が日々報道され、その距離が近付いている感覚があります。その内容も多岐に渡り、巧妙に計算された犯行には騙されても仕方ないと思うほどです。それに立ち向かい、義賊のような存在である主人公は、警察官でありながら多種多様な職業を演じ分けて詐欺師と対峙します。その背景には複雑な背景が……。詐欺師を欺く詐欺師という構図は今までにもありましたが、今回私が挑戦したいのは、そのリアルさです。装うのではなく、生きる。そのことで人を信じさせ、騙していく。犯罪を取り締まる者と犯す者。矛盾した役柄ながらそれを成立させるのは簡単ではありませんが、少しでもこの世から詐欺という犯罪が減ることを祈って演じて参りたいと思います。