椎野カロリーナ(本人のInstagramより)

写真拡大

 モデルの椎野カロリーナさんが選出された「第56回ミス日本コンテスト2024」グランプリの座が、約2週間で空位に。理由は妻子持ちの医師との不倫という、ミス日本始まって以来のスキャンダルである。

【写真を見る】母親も超美人! 不倫で「ミス日本」を辞退した椎野カロリーナ

 ミス日本コンテストの公式HPによると、同コンテストは「『日本らしい美しさ』を磨きあげ、社会で活躍することを後押しする日本最高峰の美のコンテスト」だという。そして「日本らしい美しさ」とは、「見た目の容姿だけでなく、心の持ちようや社交性など幅広い人間性」にあるとして、「内面の美・外見の美・行動の美」を提唱しているだけに、基準が根底から覆されてしまったか格好だ。

椎野カロリーナ(本人のInstagramより)

 しかしそもそも何をもって「内面の美」を測るのか。運営側は「欧米化が進むとともに美意識が肉体美へと移行するのにともない、ミスコンの多くは八頭身に代表されるプロポーション審査へとその比重を変えてきました。そのような流れのなかで、ミス日本の第一の特徴は『容貌』『容姿』に加え、『教養』『心映え』を重視すること」と宣言しているが、椎野さんの見た目はまさに欧米的な八頭身。「日本らしい」美しさと聞いて、彼女のような容姿を思い浮かべる人はそう多くはないだろう。ルッキズムの権化として批判されがちなミスコンテストではあるがゆえに、無理やり「内面」や「行動」を持ち出してきた印象は否めない。

「内面の美」=苦労話? “美人なのにこんなに苦労している”ギャップ大会と化している実情

 全く別のミスコンを見たことがあるが、内面を推し量るには「苦労話」のインパクト次第なのかもと思った。闘病経験や生まれつきの障害、家族や友人の死、受けた差別やさまざまな社会課題の前で無力な自分……そんな過去を乗り越えて今のわたしがあります!というエピソードの数々は、「美人だからといって人生イージーモードと甘えず、努力して自分の人生を切り開いてきた」というアピールになるということだろう。

 うがった見方になるが、椎野さんのバックグラウンドは確かに目を引く。ウクライナ人の両親を持ち、昨年日本に帰化。母語は日本語だが、見た目とのギャップに苦しむこともあったという。何かと多様性が叫ばれる現代的な問題意識との関連が容易に想像できる。単に勉強や部活に励んできた候補者の話はかすんでしまう。

 今回の件とは事情が違うが、ホステスのアルバイト経験を理由に内定を白紙にされた、「ミス東洋英和」の元日本テレビアナ・笹崎里菜さんのことを思い出した。ミスコン覇者には、見た目の良さにあぐらをかかず苦労し続けるべし、という妙な理想が押しつけられ続ける。パパ活とか水商売とか、顔でラクに稼ぐという考えは捨てろと。

 当時の日テレは「清廉性」という言葉で内定取り消しを正当化したが、あらゆるミスコンテストが掲げる「内面の美」に通じる考えのように思う。椎野さんも西洋的な見た目以上に、不倫相手がメディアで活躍する裕福な医師だったという点が、さらなる反発を招いたのではないだろうか。

不透明な審査基準で露呈した「ミス日本」の限界 椎野さんの「本来の良さ」が発揮される場はミス日本ではなく〇〇ジャパン!?

 ミス日本のファイナリストは4カ月かけて勉強会に参加し、「内面の美」「外見の美」「行動の美」のテーマについて学ぶそうだ(LEON.JP 2022年4月18日配信記事)。

 おそらくその場での態度やアウトプットもある程度審査に反映するのだろうが、そんなことはミスコンに出場するような百戦錬磨の美女たちにとっては想定内だろう。ボロを出すわけもない。それとも「外見が優れた女性は、性格も優れているからうそをつくはずもない」という前提だとしたら、あまりにお気楽すぎる。それこそルッキズムであり、「内面の美」を審査することの限界を示したのではないだろうか。

「ルックスだけで選びました」と言えばよほどシンプルなのに、不透明な基準を掲げたがために、結局建前だけの大会という印象を与えてしまった「ミス日本」。むしろ今回の経緯は、後ろ暗いことがあっても外見の良さでねじ伏せられるという、否定したはずのルッキズムそのものが露呈したように思われる。

 審査中も不貞を続けていた椎野さんに、「ミス日本」の審査員たちが見いだした「内面の美」とは、一体何だったのか。椎野さんは当初、潔白を主張していたが、不倫相手のSNSで内情が暴露され炎上。火種となった「週刊文春」の直撃取材もあり、虚偽の報告をしていたと認めてグランプリを返上した。

 一方で、椎野さんをかばう声もある。“完売画家”の中島健太さんやホリエモンさん、橋本マナミさんらは、男性が既婚者と知りつつも好きになってしまったなら仕方ないと、揺れる女心に一定の理解を示した。

 個人的には不倫よりも、3年間交際していた男性を一方的な悪者にしてでもグランプリの座にしがみつこうとした態度の方が怖いのだが、その並々ならぬ野心とガッツこそが、審査員をうならせた「行動の美」だったのかもしれない。

 何にせよ、椎野さんも転んでもただでは起きないキャラだと思う。ミス日本は残念だったとはいえ、日本に関わるタイトルにこだわりがあるのなら、バチェラー・ジャパンへの出場をすすめたい。上昇志向と駆け引きのうまさという、まさに「内面」と「行動」のたくましさを、ミス日本以上に発揮できると思うのだが。

冨士海ネコ(ライター)

デイリー新潮編集部