何かとお騒がせな日本の大エース

写真拡大

メジャー移籍を左右する「貢献度」と「印象度」

 プロ野球ロッテ、佐々木朗希投手の動向が世間を騒がせている。

【写真を見る】グラウンド外でのふるまいにも注目。佐々木投手の貴重なスーツ姿!

 昨季終了後にポスティングシステムでのメジャーリーグ移籍を認めるよう球団に要望したと報じられ、契約更改がキャンプイン直前まで遅れたこともあってさまざまな臆測を呼んだ。今季の契約を結んだ後の1月27日の記者会見では「将来的にメジャーリーグ(MLB)でプレーしたい」と明言。その圧倒的な能力の高さから、いずれ海を渡るであろうということは誰もが想像できる未来図だが、まだシーズンを通して活躍した経験がないだけに、「日本で文句なしの実績を残してから」という声も上がっている。メジャー移籍の夢に近づくためには、プロ5年目の今シーズンで球団やファンを納得させる働きを見せたいところ。

何かとお騒がせな日本の大エース

 まずはシーズンで好成績を残すことが大前提だが、それとともに注目されそうなのが、11月に予定される国際大会「プレミア12」への対応だ。日本代表の井端弘和監督はロッテのキャンプを視察した際、「オファーを出したいと思うのでよろしくお願いしますと伝えました」と、本人に直接出場要請したことを明かした。その後、報道では佐々木について“プレミア12内定”という文字が躍った。

「令和の怪物」はこの秋、日の丸を背負ってマウンドに立つだろうか。

日本のエース格

 プレミア12は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催し、世界ランキングの上位12カ国・地域が出場する大会で、今年で3回目を迎える。日本代表は小久保裕紀監督が率いた2015年の第1回大会では準決勝で韓国に逆転負けし3位に終わった。4年後の第2回大会は稲葉篤紀監督の下で優勝し、21年の東京五輪金メダルにつなげた。

 MLBが主催するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)と異なり大リーガーは出場しないものの、国内のトップ選手たちが参加する真剣勝負の舞台で、昨年就任した井端監督にとっては初めての本格的な国際大会。26年春に予定される次回WBCを見据える上でも、代表戦の緊張感を経験できる貴重な機会だ。国内組のベストメンバーで臨みたいところで、佐々木には「日本のエース格」と大きな期待を寄せる。

「昨年までオリックスのパ・リーグ3連覇の原動力となった山本由伸投手が大リーグへ移籍し、能力的に見れば佐々木は今やプロ野球のナンバーワン投手。シーズンを戦い抜いたことがないという不安要素があるとはいえ、元気に投げられる状態なら日本代表のエースになる器で、井端監督が投手陣の柱として期待するのは当然です。そして、それ以上に佐々木出場を待望していそうなのが中継局です。佐々木が投げるかどうかで注目度はまるで違うし、視聴率にも直結するでしょう。戦力的にも興行的にも、日本代表の命運を握る存在と言えます」(スポーツ紙記者)

まずはローテーション死守

 ただ、佐々木の側からするとプレミア12出場は決して簡単な決断ではない。長いシーズンをフルに戦った後の国際大会は選手にとって負担が大きく、特に投手の場合は肩や肘の故障につながるリスクもある。出場するためには、コンディションに不安がないことが条件となる。佐々木はプロ3年目の22年に史上最年少の20歳で完全試合を達成してブレークしたが、この年は無理をせず十分に登板間隔を空けて起用され、出場選手登録を抹消されて戦列を離れることもあった。

 昨年は3月にWBCに出場して日本の優勝に貢献し、ペナントレースでは前半戦で7勝を挙げた。しかし、7月に左脇腹の肉離れで離脱。レギュラーシーズンでの登板は15試合にとどまった。長いシーズンを全うした上でプレミア12に出場する余力が残っているかは未知数だ。今年も故障や疲労で登板を回避することがあれば「メジャーで中4日の起用に耐えられるのか」という声が上がるのは必至で、佐々木自身としても代表戦よりもまずシーズンで先発ローテーションを守り抜きたいという思いが強いだろう。実際、井端監督の直々の打診にも、「けがだけしないように頑張ります」と控えめに答えたという。

 熱望するメジャー移籍への鍵となる球団への貢献度を高めるには、シーズン終盤での奮闘が欠かせないという事情もある。

「佐々木は完全試合など鮮烈な印象を残していますが、今のロッテでエースと言えるのは佐々木ではなく小島和哉投手です。小島は昨季は佐々木を上回る10勝を挙げたというだけでなく、勝った方がクライマックスシリーズ(CS)進出という状況だった楽天とのレギュラーシーズン最終戦で白星をつかみ、ソフトバンクとのCSでは登板間隔を詰めて中5日で先発して再び勝利をもたらしました。まさに大黒柱の働きでした」(同)

プレミア12でのアピールは

 一方の佐々木は、

「故障による離脱から9月に復帰してから、2試合投げたところで発熱のため再び離脱しました。CSではソフトバンクとのファーストステージの初戦で3回を完璧に抑えたとはいえ、わずか41球で交代し、その後は登板がありませんでした。ロッテはCSで先発陣が不足し、右肘の炎症で戦列を離れていた種市篤暉投手をぶっつけ本番で先発させたり、救援陣だけで短くつなぐ『ブルペンデー』で戦ったりと、必死のやりくりをしていただけに、わずか打者9人に投げただけの佐々木には物足りなさが残ったのも事実です」(同)

 昨季までオリックスを3連覇に導いた山本はもちろん、16年に日本ハムに日本シリーズ制覇をもたらした大谷翔平選手や、13年に24勝0敗の驚異的な成績で楽天を日本一まで引っ張った田中将大投手など、これまでにポスティングシステムで渡米した大物は、移籍前に所属球団の優勝に大きく貢献している例が多い。佐々木も大車輪の働きでロッテを日本一へ導けばメジャー移籍を引き寄せることができそうだが、CSや日本シリーズでフル回転すればプレミア12までコンディションを保つことは難しくなるかもしれない。

大会としての格

 プレミア12の大会としての格も、出場をめぐる判断に影響しそうだ。この大会はメジャーリーガーは出ないため、トップ選手が出場するWBCに比べて対戦相手のレベルは落ちる。佐々木は既にMLB球団から高く評価されており、いまさらプレミア12でのアピールが必要な立場ではなく、この先のキャリアを考えれば疲労回復を優先して出場を見送ったとしても不思議ではない。

 ファンや世間に与える印象度はどうだろうか。

 この冬も契約更改が遅れたことで『ごねている』と受け止められた部分があり、もし今季終了後にポスティングによる移籍を求めるのであれば、他の選手たちがプレミア12を戦っている裏で日本代表に参加せず『アメリカへ行かせてくれ』と訴えることになる。球団の承認を得て制度を利用すること自体は正当な権利の行使なので、非難される筋合いはないとはいえ、余計なイメージ悪化を招くのはもったいない。

 ロッテでも日本代表でもエースとして文句なしの活躍をすることができれば、自ずと快くメジャーへ送り出す雰囲気ができてくるだろう。その高いハードルをクリアすることができるか、今季も「令和の怪物」から目が離せない。

デイリー新潮編集部