次なる“アレ”は

写真拡大

「アレです」

 1月28日に行われた大阪国際女子マラソンのレース前、記者に目標を聞かれた前田穂南(ほなみ・27)はこう答えた。阪神の岡田監督が優勝の隠語として使い、昨年の流行語大賞に選ばれた「アレ」のことか。前田は大の阪神ファンだそうな。

【写真を見る】感動の瞬間! 監督と抱擁を交わす前田穂南選手

「ただ、本人は『アレ』の意味を明かさなかった。大阪国際での優勝か、それとも現在争われている『最後のパリ行き切符』か、よく分かりませんでした」

 とスポーツ紙記者が語る。

 レースは20キロ過ぎ、前田がペースメーカーを振り切り飛び出した。終盤は天候が悪化。向かい風が強まり、雨も降り出す過酷な展開となった。そんな中で前田は日本人トップでゴール。タイムは2時間18分59秒。そう、2005年9月25日に野口みずきがベルリンマラソンでマークした2時間19分12秒の日本新記録を19年ぶりに更新したのである。

次なる“アレ”は

「記録の出やすい海外レースでなく国内の、それもアップダウンがある大阪で達成したのですから圧巻です」

「これから続々と好記録が生まれる予感」

 野口が走った4日後の9月29日、阪神はリーグ優勝を果たしている。昨年の阪神Vはそれ以来のご無沙汰だったが、前田の快挙も同じくらいのご無沙汰だ。

 そういえば、男子のマラソン日本記録更新もご無沙汰だった。18年2月の設楽悠太による記録更新は16年ぶり。だがその後、大迫傑、鈴木健吾が間髪を入れずに記録を塗り替えた。

「『あいつができるなら俺もできる』と、なだれ現象が起きました。女子でも、これから続々と好記録が生まれる予感がします」

 パリ五輪出場3枠は、昨秋のMGCで2枠が決定済みで、残る1枠が争奪戦に。前田は筆頭候補に躍り出たが、早晩誰かがその記録を更新するかもしれない。

「アレ」の意味

「アレ」の謎に話を戻そう。答えはレース後のインタビューで判明した。改めて「アレ」の意味を問われた前田は「日本記録更新でした」。

 彼女が履いている靴も「アレ」と関係がある。

「前田選手が履いていたのは、弊社が21年3月に発売した『メタスピードスカイ』です」

 とはアシックス広報部。

「ミッドソールにクッション材としてカーボンプレートを装着した、いわゆる“厚底シューズ”です」

“厚底”はナイキの独擅場だったが、前田の新記録によって国内メーカーの面目躍如と相成ったわけ。

 そんなアシックスの靴は阪神の近本光司選手(29)も愛用している。「アレ」の本家、岡田阪神は、「アレのアレ」つまり日本一に昇りつめた。そのときMVPを獲得したのが近本だった。

「週刊新潮」2024年2月8日号 掲載