中日、阪神、楽天の監督として、3球団でリーグ優勝を成し遂げた星野仙一氏

写真拡大

人的補償は戦力均衡、活性化で成果

 ソフトバンクに西武からフリーエージェント(FA)移籍した山川穂高内野手(32)の人的補償を巡り、28人のプロテクト枠(新人、外国人を除く)から外れたソフトバンクの和田毅投手(42)が現役引退と引き替えに、西武の指名を拒否したとされる件で、同制度の撤廃を求める声が上がっている。中でも、日本プロ野球選手会は強硬で、スポーツメディアによると、1月23日に森忠仁事務局長が「選手会としては以前から撤廃してほしいと訴えているし、プロテクトのリストを当該球団だけでなく第三者も見られるようにした方がいい。(ソフトバンクの騒動は)制度的に起きるべくして起きたと思う」と主張した。

中日、阪神、楽天の監督として、3球団でリーグ優勝を成し遂げた星野仙一氏

「闘将」星野監督は5位タイ…【写真特集】プロ野球監督別リーグ優勝回数ランキングベスト10(1990年〜2022年)

 一方で12球団の戦力均衡を目的とした人的補償を支持する声は根強く存在する。同制度はトレードのほか、最近では現役ドラフトのように球界の人流を活性化してきた。移籍先で若手がチャンスを得たり、ベテランが模範になったり、プラスの化学反応を示したケースは少なくない。元NPB球団社長は「和田のことで感情的になって人的補償をなくすというのは、いかがなものでしょうか。撤廃ではなく、より良くするよう今の制度に手を加えることから始まればいいと思います」と性急な結論を戒める。楽天のさる球団関係者も撤廃には否定的な見解で、プロテクト枠が28人では少ないため、最低でも30人へと増やした上で「星野(仙一)さんが副会長だった時ぐらい、球団が方針を徹底すれば、今回のソフトバンクのような不幸なことは起こらないのではないでしょうか」と2016年オフに楽天が採った手法を薦めるのだ。

 現行の人的補償制度は2008年に始まった。旧所属球団の年俸で1〜3位をAランク、4〜10位をBランク、11位以下をCランクとし、人的補償はA、B両ランクの選手を獲得した時に発生する。13年オフに広島からFA宣言した大竹寛投手が巨人に移籍すると、広島は一岡竜司投手を獲得。巨人移籍後に2桁勝利がなかった大竹に対し、一岡はリリーフの一角として広島の16〜18年のリーグ3連覇に貢献した。以前の巨人や今のソフトバンクのように資金力が豊富な球団に、過度に戦力を集中させないため人的補償は一定の成果を上げてきた。

原監督が撤廃を訴えた過去も

 海の向こうに目を向けると、MLBに人的補償は存在しない。6年、メジャーでプレーすれば自動的にFAとなり、移籍となれば旧所属球団には獲得した球団のドラフトの指名権が譲渡される。さらに「ぜいたく税」という課徴金制度があり、球団の総年俸が一定額を超えると、金銭的に大きな負担がのしかかってくる。

「人的補償はありませんが、有望な新人を獲得できる権利やぜいたく税の存在が戦力均衡に寄与しています。NPBとは違った形で、金満球団の野放図な選手獲得に歯止めをかけています」

 米大手マネジメント会社の代理人はこう説明した上で「NPBで人的補償を撤廃するなら、戦力を均等化させる代替案を導入する必要があるでしょう」と指摘する。

 巨人の原辰徳前監督は19年オフ、人的補償の撤廃を訴えた。「他のチームももっと参戦すると思う。FAは名誉なこと。手を挙げたら、ちゃんと意見を聞いてもらうのは選手、ルールに対する感謝と敬意。(人的補償は)逆行している。変な話だよ」と語り、代替案として金銭による補償の増額を挙げた。

12球団には温度差

 これに対し、中日などが真っ向から反論。12球団の足並みはそろわなかった。前出の楽天関係者は「FAで選手を獲られる側の球団が主張するなら説得力もありましたが、最もFAで選手を獲ってきた巨人の監督で、しかも、その年のオフにも美馬(学投手/楽天からロッテに移籍)、鈴木(大地内野手/ロッテから楽天に移籍)と複数選手のFA獲得を目指していました。対案も戦力均衡を維持する意味では不十分だったと思います。人的補償を逃れるために一時的に育成契約とする抜け道を利用した巨人のやり方にも批判的な声は多かったですから……」と述懐する。

 DeNAの中畑清元監督は翌20年12月のスポーツ紙の紙面で、人的補償の代わりに翌年のドラフト上位指名権の譲渡という私案を披露した。MLBの現行制度に似たアイデアで、これまでも浮上したプランだが、各球団の利害関係が複雑に絡む日本球界では実現に至っていない。

「どうしても球団間の温度差があって、なかなかまとまりません。今回の和田のようなケースが今オフ以降もたびたび出てくるとは思えないだけに、プロテクト枠を増やすなど現行制度のマイナーチェンジが現実的ではないでしょうか」(同楽天関係者)

制度存廃の是非は話のすり替え

 しかし、それで今回の和田のようなトラブルを防げるのか。

「簡単なことですよ。相手球団に指名されて出せないことが決まっている選手は必ず、プロテクトすることです。星野さんは(16年オフ)に西武から岸(孝之投手)を取った時、和田のように41歳でベテランの域に達していた松井(稼頭央=現西武監督)をプロテクト名簿に“念には念を入れ、入れておけ”と指示しました。球団内部では稼頭央が指名される可能性は低いとみていて、彼に貴重なプロテクト枠を使うかどうかで意見が割れていましたが、星野さんの一声で名簿に入れることになったのです。このエピソードは、当時、楽天の監督だった梨田昌孝さんも過去にコラムで明かしています」(同)

 ソフトバンクは22年オフ、日本ハムから近藤健介外野手をFAで獲得した際にも、同年7勝を挙げた和田をプロテクト枠から外したという。この時、事なきを得たことが成功体験になったのか、再び同じ措置を取ったようなのだが……。

「ソフトバンクは西武の和田の指名に“待った”をかけるぐらいなら、1枠を惜しまずにプロテクトしておくべきでした。(高年俸のベテランは指名しないという)西武の配慮を期待するような駆け引きに出たからこそ、恐らくプロテクトしていたであろう甲斐野(央投手)を代わりに差し出すことになったのだと思います。球団の対応がお粗末だっただけで、制度の存廃の是非に話をすり替えれば、本質を見失うと思いますが……。名簿をNPBが把握しなくても、今回のような騒動は防止できるでしょう」

 選手会は引き続き、NPBに人的補償の撤廃を働きかけていくという。

デイリー新潮編集部