阿部慎之助監督

写真拡大

キャンプが始まった

 球春到来である。プロ野球の春季キャンプが宮崎・沖縄で始まった。球春、季語にもなっているが、いい響きだ。気持ちがワクワクしてくる。

【写真特集】高校卒業、初キャンプ… 「松井秀喜」が「新人」だった頃

 阿部慎之助新監督率いる巨人も4年ぶりのリーグ優勝、2012年以来となる日本一奪回を目指して宮崎で始動した。

 1日から4日の第1クールは雨にたたられたが、巨人ナインは精力的に動いていた。キャンプ初日から投手はブルペンに入るし、野手もフリー打撃を行っている。

 私が巨人に入った頃は雨が降ると「きょうは練習が休みだ」と喜んだものだ。当時は室内練習場なんてなかった。いまは施設が充実している。雨でもどうってことない。

阿部慎之助監督

 巨人のV9は65年から73年にかけてで、半世紀前のことだ。現在のキャンプの様子を見ているとまさに「隔世の感」がする。

報道陣もコーチも増えた

 私のプロ1年目は62年だ。高校の卒業試験があって2月1日のキャンプ・インには間に合わなかった。1週間くらい遅れた。でも30日の午後2時半ごろに、東京駅から寝台特急「高千穂」で宮崎に出発する先輩方にあいさつをして見送った。到着するのは翌31日の午後5時半、長旅だった。

 最近のキャンプは、取材に来る報道陣の数がすごい。新聞、テレビ、週刊誌だけではなく、インターネット系とかさまざまな媒体が取材している。年々、増えているのではないか。ビックリした。

 当時、スポーツ紙の常駐記者は各社1〜2人くらいで計10人くらいかな。たまにOBが来た。テレビは日本テレビとNHKくらいなものでノンビリしていた。他球団はもっと少なかったと思う。

 それにコーチ陣の数の多さだ。巨人は1軍から3軍を含めると30人近くいる。他球団もかなりの頭数をそろえている。

 私の時は川上(哲治)監督に別所(毅彦)さんがヘッド兼投手、荒川(博)さんが打撃、牧野(茂)さんが内野守備を担当してコーチ陣は3人、2軍に至っては中尾(碩志)さんが監督でコーチは寮長を兼任していた武宮(敏明)さん1人だった。

当時のキャンプの流れ

 1日にキャンプ・インしても1週間くらいは体作りだった。徐々にピッチを上げて15日あたりから投手はピッチング練習を始め、野手は打撃となる。打撃練習といっても、バッティング投手がいないから野手同士で投げ合っていた。たまに2軍から手伝いが来た。

 巨人が打撃投手を初めて採用したのは67年ごろからだと思う。それも2人くらいかな。以後、他球団にも広がった。当初は長嶋(茂雄)さん、王(貞治)さん、広岡(達朗)さんといった主力が独占していた。

 まあ当時は練習が終わるのも早かった。支配下選手も50人くらいで、1、2軍一緒に練習をしていた。

 投手陣は昼過ぎに上がって食事をしたあとは麻雀だった。野手陣は球場で軽く食事を取って午後2時過ぎには宿舎に帰った。

 2月末から試合形式の練習になって3月にはオープン戦だ。投手の仕上がりが早くて野手は遅い。2対1とか3対1の投手戦が多かった。5点以上取った試合は少なかった。

阿部監督に賛成

 時代の変化を感じて、つい思い出話になった。

 さて第1クールまでの巨人だが、阿部新監督は選手たちに声を掛け、また自ら指導をして積極的に溶け込もうとしているようだ。「笑うアベには福来る」なんて話していたが、44歳の新監督らしい発想だと思う。

 4番の岡本和真を一塁に固定、坂本勇人を三塁、門脇誠を遊撃で使うと明言している。岡本の固定は大賛成だ。

 昨年は本職の三塁だけではなく一塁、左翼も守った。本塁打王を獲得した岡本は巨人の顔であり軸だ。軸をそうそう簡単に動かすものではない。チームが落ち着かない。

 この三人の名前がクローズアップされているが、最終的に捕手は大城卓三だろうし、二塁は吉川尚輝に落ち着くと思う。

 阿部監督は「外野戦争」と盛んに競争をあおっている。左翼を丸佳浩と秋広優人で争わせる考えだが、丸は巨人で絶対に外せない選手の一人だ。

 現在34歳、私にも経験があるが「落ちてきたな」と感じるのは36歳を過ぎてからで、まだまだやれる。やはり中堅での起用だ。秋広は左翼で使っていけばいい。

 右翼候補は新外国人のルーグネッド・オドーアとなる。メジャー通算178本塁打ながら打率と出塁率が悪い。守備も二塁が本職で外野経験も極端に少ない。外国人選手は実際にプレーしないことには分からない。

大勢がカギ

 外野陣は新人の佐々木俊輔、長野久義、梶谷隆幸、オコエ瑠偉、松原聖弥らがいるが、いずれも「帯に短し襷(たすき)に長し」である。丸、秋広を中心に回るだろう。

 投手陣は戸郷翔征が軸だ。菅野智之は2番手で後は若手の台頭がどれだけあるかだ。中継ぎ陣は結構補強したが、さてどうなるか。

 なんといっても大勢の復活なるかどうかがカギとなろう。

 もっともキャンプは第1クールが終わったばかりだ。これから本格的にキャンプが進みオープン戦が始まる頃には全容が見えてくるだろう。阿部新監督の動向とともに注目していきたい。

柴田 勲(しばた・いさお)
1944年2月8日生まれ。神奈川県・横浜市出身。法政二高時代はエースで5番。60年夏、61年センバツで甲子園連覇を達成し、62年に巨人に投手で入団。外野手転向後は甘いマスクと赤い手袋をトレードマークに俊足堅守の日本人初スイッチヒッターとして巨人のV9を支えた。主に1番を任され、盗塁王6回、通算579盗塁はNPB歴代3位でセ・リーグ記録。80年の巨人在籍中に2000本安打を達成した。入団当初の背番号は「12」だったが、70年から「7」に変更、王貞治の「1」、長嶋茂雄の「3」とともに野球ファン憧れの番号となった。現在、日本プロ野球名球会理事を務める。

デイリー新潮編集部