ソフトバンクの武田翔太

写真拡大

2019年には最高勝率のタイトル獲得

 2月1日にスタートしたプロ野球の春季キャンプ。ルーキーやトレードで移籍した新戦力に注目が集まる一方で、実績がありながらも、昨季は期待通りの活躍ができなかった選手が復活するのか、チームの成績を左右すると言っても過言ではない。今回は、パ・リーグ6球団から復活を期待したい選手を1名ずつピックアップしてみた。【西尾典文/野球ライター】

勝負の3年目を迎える日ハム・新庄監督の秘蔵ギャラリー【写真多数】「ピッチャー新庄」も? 「ノムさんとハイタッチ」「伝説の敬遠サヨナラ」「新婚時代」

 まずは、パ・リーグ4連覇を目指すオリックス。毎年のように新戦力が飛び出して、若手投手の充実度は12球団で1、2を争う。そんな若手に負けずに、先発ローテーションの一角に食い込みたいのが、山岡泰輔だ。プロ1年目からローテに定着し、3年目の2019年には13勝4敗で最高勝率のタイトルを獲得した。だが、翌年以降は故障の影響などがあって、大きく成績を落とし、4年間で計15勝にとどまっている。

ソフトバンクの武田翔太

 昨季は夏場以降、リリーフに回り、13試合連続無失点を記録するなど、31試合に登板して防御率2.30と結果を残した。とはいえ、元々の能力を考えると、満足できるような成績ではないだろう。現時点では先発、リリーフ両方に対応できるように調整を続けていると報じられている。チームは、山本由伸(現ドジャース)と山崎福也(現日本ハム)という先発2本柱が退団しただけに、山岡の先発復帰に期待したいところだ。

 昨年2位のロッテでは、今年35歳となる井上晴哉の復活を期待したい。2013年のドラフト5位で入団した井上は、5年目の2018年に24本塁打、99打点とブレイクした。その翌年も24本のホームランを放ち、「主砲」の地位を確立したかに見えた。

 だが、2021年6月の中日戦でダイビングキャッチを試みた際に、右手首を痛めて戦列を離れると、その後は成績が低迷してしまう。昨季は開幕戦こそ4番で出場したものの、調子を取り戻せず、出場32試合で、わずかに1本塁打と寂しい成績に終わった。

 ただ、救いなのは、二軍での成績だ。打率.293、7本塁打、OPS(出塁率+長打率)は.869としっかり成績を残している。体重115kgという巨漢で、パワーが注目されがちだが、中央大時代から広角に打てる打撃技術には定評がある。DeNAを自由契約になったソトが加入したことで、ファーストのレギュラー争いは激しくなるだろうが、井上に、もう一花咲かせてほしい。

2016年に14勝をマークするも

 超大型補強にもかかわらず、昨季3位に沈んだソフトバンク。武田翔太は、そろそろ結果を残さないと苦しい立場に追い込まれそうだ。2011年のドラフト1位で入団した武田は、2015年に13勝、2016年には14勝をマークするなど、早くから先発の一角を担った。しかしながら、規定投球回数に到達したシーズンは、この2年間だけで、翌年以降は目立った成績を残していない。

 他球団の編成担当者は、武田の現状について、以下のように分析している。

「力があることは誰もが分かっていますし、こんな成績で終わるような投手ではないと思い続けてきましたが、さすがに、これだけ結果が出ないとだんだん見切られてきますよね。数年前ならトレードでぜひ欲しいという球団もあったと思います。ですが、大型契約(2022年から4年契約)を結んだことで、そういう話にもなりづらい。ソフトバンクで何とか結果を残すしかない状況だと思いますね」

 昨季4位の楽天は、今江敏晃新監督が就任し、新たなスタートを切った。先発の柱だった則本昂大が抑えに回り、主砲の浅村栄斗もサードへのコンバート案が出るなど、変化の大きいシーズンとなりそうだ。その中で輝きを取り戻したいのが、茂木栄五郎だ。

 1年目からショートのレギュラーを掴み、2年目にはチームトップとなる打率.296をマーク。4年目の2019年には、キャリアハイとなる160安打を放っている。2020年以降は腰を痛めた影響もあって、成績が低下。昨年は、開幕から調子が上がらず、8試合の出場1安打と、プロ入り以来最低の成績に終わったが、今年で30歳と老け込むには早すぎる。

盗塁王2度の西武「金子侑司」は返り咲けるか

 5位からの巻き返しを図る西武では、昨季限りで複数年契約を終了した金子侑司が、復活をかける。ルーキーイヤーから内外野を守れるユーティリティプレイヤーとして一軍で94試合に出場すると、4年目に外野のレギュラーの座を奪い、53盗塁で盗塁王に輝いた。その後、打撃は好不調の波が大きかったものの、7年目の2019年に再び盗塁王を獲得。入団から8年連続で二桁以上の盗塁をマークする活躍を見せた。

 近年は度重なる怪我で成績が低迷。昨季は47試合に出場、15安打、1盗塁に終わり、オフには野球協約で定められた限額制限(年俸1億円以上は40%)を超える44%減の推定年俸7000万円で単年契約を更改した。今年4月で34歳となる金子だが、西武の外野陣は3つのポジションとも流動的でチャンスは残されている。持ち前のスピードを取り戻して、もう一度、定位置獲得を目指したい。

 最後は、2年連続の最下位に沈んだ日本ハム。新庄剛志監督の勝負の3年目で、チーム浮上にキーマンになりそうなのが、堀瑞輝だ。広島新庄から2016年のドラフト1位で入団。3年目には中継ぎとして一軍に定着した。5年目の2021年には60試合に登板して、39ホールドをマーク。最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。

 翌年以降は左肩痛の影響で、大きく成績が低下。昨年は5試合の登板に終わっている。日本ハムの左の中継ぎは、大ベテランの宮西尚生が長らく支えてきたが、それ以外では河野竜生と福田俊しか候補は見当たらない。チームが低迷から脱出するには、堀の復活は必要不可欠だ。自主トレでは順調に調整が進んでいる様子が報じられた。今季はフル回転の活躍に期待したい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部