「セクシー田中さん」(日本テレビの公式HPより)

写真拡大

 人気漫画家・芦原妃名子さん(享年50)の死が、ネット空間で波紋を広げている。背景には”脚本トラブル”があったとされ、SNSには出版社やテレビ局の責任を追及する声が絶えない。都内の企業に勤めるA子さん(30代)はそんな喧騒から離れたところで、在りし日の芦原さんを思い浮かべている。出会いは3年前、共通の趣味である「ポーカー」を介してだった。

 ***

【写真を見る】ほとんど知られていない 実は「のだめ」ドラマ化のトラブルがきっかけで生まれた「井上真央」主演の“人気ドラマ”

お菓子やお酒を持ち寄って…

 ポーカーはいま若者たちの間で大流行しているカジノゲームだ。都市部のあちこちに愛好家の遊び場としてアミューズメントカジノが乱立。一攫千金を夢見て、海外のカジノで開催されているトーナメントへ旅立つ日本人も増えている。

「セクシー田中さん」(日本テレビの公式HPより)

 著名人でも趣味をポーカーとする人が増え始めているが、芦原さんもその内の1人で、「金を賭けない」ルールを徹底した仲間たちのゲームに顔を出していた。

「知人宅に週末、お菓子やお酒などの手土産を持ち寄り、おしゃべりしながらゲームを楽しむのです。そんな集まりに先生もよくいらしていました」(A子さん。以下同)

ポロっと溢す言葉が“面白くて可愛らしい”

 参加者の年齢は様々。職種はサラリーマン、OLなどのビジネスマンに偏っていたが、芦原さんは自然と場に溶け込み、参加するときは7〜8時間くらいプレイしていたという。

「『セクシー田中さん』の作者だってみんな知っていたし、先生も隠していなかった。ただ、先生は著名な漫画家という素振りは全く見せませんでした。どちらかと言えば口数の少ない穏やかな人で、仕事の話も聞かれたら答えるだけ。みんなヒナさんと呼んでいました」

 腕前もなかなかで、

「理論に基づいたオーソドックスなプレイスタイルで、ポーカーフェイスがうまい。チップをみるみる増やしていました」

 白熱した勝負が終わると途端に相好を崩して、仲間とポーカー談義にふけるという。

「“あちゃー、(ブラフが)バレたかぁ”みたいなことをポロッと言うのですが、その言い方が可愛らしいのです。勝っても負けてもいつも笑顔。嫌味なところが全くないからみんな大好きで、“ヒナさんがやりたいって!”と招集がかかることもありました」

女子会にも参加

 向上心が強く、アミューズメントカジノにもよく出入りしていた。「仲間の中で“師匠”を見つけ、師事するくらい真剣だった」という。

 ポーカーの集いから派生した「女子会」に顔を出すことも。こちらも主催者の自宅で行われるホームパーティーで、料理やお菓子、飲み物を持ち寄り7〜8人で深夜までおしゃべりに耽る。

「参加者は20〜30代のOLばかりでしたが、ここでも先生は自然に溶け込んでいました。服も手土産もとにかくセンスが良い。思わず『どこで買ったんですか?』と聞いてしまうこともよくあった」

 芦原さんは、他の参加者が打ち明ける恋愛や仕事の悩みにじっと耳を傾けていたという。

「たわいのない話を面白がってくれました。よく“私、会社勤めをしたことがないから、会社に勤めている女の子たちが日々感じていることを知りたいんだよね”っておっしゃっていた」

 忘れ得ぬ思い出は、A子さんが誘った友人が“事件“を起こしてしまった夜のこと。友人は失恋したばかりで、ついお酒を飲み過ぎ、床に吐いてしまった。A子さんが友人に付き添ってトイレから戻ってくると、タオルでフローリングを拭き掃除してくれていたのが芦原さんだった。

「白いスカートが汚れないか私は恐縮しきりだったのですが、先生は“気にしないで。友達は大丈夫?”って。さらに後日、“私でよければ、もう少し話を聞こうか?”と私を友人を食事に誘ってくれた。その時も3時間以上、私たちの話に付き合ってくれました」

先生から悪口を聞いたことはない

 最近はあまり会っていなかった。訃報を聞いてからは、優しかった「先生」を思い出してしまい、寂しい気持ちになる。

 なぜ自死という道を選んだのかは、そこまで親しかったわけではないからわからない。ただ芦原さんが最後にXに残した〈攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい〉という言葉については、本心からの言葉だと思う。

「先生が誰かのことを悪く言うのを聞いたことがないから」

 芦原さんはポーカーを愛した理由について問うと、「想像ですが…」と断った上でこう振り返った。

「純粋に、ポーカーの奥深さに惹かれたのもあると思いますが、色んな人と他愛のない話をしながら過ごすひとときが楽しかったのだと思います。熱心に私たちの話に耳を傾けてくれていたのは、リアルな読者世代の気持ちを知って、漫画で表現したいという創作意欲があったからなのでしょう。連絡をしたら、快く会ってくれる気さくな方でした。もうお会い出来ないなんて寂しいです」

 女性たちに愛された作品の続きを読むことはもう叶わない。

■相談窓口

・日本いのちの電話連盟 電話 0570・783・556(午前10時〜午後10時) https://www.inochinodenwa.org/
・よりそいホットライン(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター) 電話 0120-279-338(24時間対応。岩手県・宮城県・福島県からは末尾が226) https://www.since2011.net/yorisoi/
・厚生労働省「こころの健康相談統一ダイヤル」やSNS相談 電話0570・064・556(対応時間は自治体により異なる) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_info.html
・いのち支える相談窓口一覧(都道府県・政令指定都市別の相談窓口一覧) https://jscp.or.jp/soudan/index.html

デイリー新潮編集部