過去に2度不倫し、現在も「とても好きな人」との関係を継続中…

写真拡大

 誰がどういう人を好きになるのか、それは千差万別で、もちろん個人の自由である。本来、「好きになってはいけない人」などいるわけもなく、誰を好きになろうが他人に非難されるいわれはない。

【写真を見る】「夫が19歳女子大生と外泊報道」で離婚した女優、離婚の際「僕の財産は全部捧げる」と財産贈与した歌手など【「熟年離婚」した芸能人11人】

「不倫がいけないというのは、結婚がある種の契約であって、その契約に違反するからですよね。だけど個人の感情を止めることはできない。だからむずかしいんですよねえ」

 どこかのんびりした口調でそう言うのは、佐島慎吾さん(45歳・仮名=以下同)だ。過去に2度ほど不倫をして妻を疑心暗鬼にさせ、さらに今、「とても好きな人」と時間を分かち合い、幸せなのだという。わかっちゃいるけどやめられないのか、そもそもやめる気がないのか不明。にっこり笑った顔は愛嬌があって、女性が心許すのもわかる気がしてしまう。

過去に2度不倫し、現在も「とても好きな人」との関係を継続中…

「まあ、過去も今も、他人からは“不倫”と言われるでしょうが、僕にとっては“恋愛”です。それがいけないと批判されても、気持ちは変えられない。性的な関係をもたなければ不倫ではなく恋愛になるんでしょうか。結婚したら、二度と好きな人ができてはいけないんでしょうか。おかしいですよね、いわゆる“常識”というものほどわからないものはないような気がします」

 穏やかな口調ながら、彼は「既婚者の恋愛」を否定することはできないとはっきり言った。それは女性も同じだとも。妻が恋愛をしてもしかたがないと思っているそうだ。

「僕の場合は完全にマザコンという土台があって女性観が決定づけられている。そう思います。僕は母が大好きだった。優しくていつもいい香りがして、それでいて強くてたくましくて」

いじめた子の家に乗り込んだ母

 小学校に入ったばかりのころ、慎吾さんは体が小さくて気弱だったため、よく同級生に「チビ太」とからかわれた。泣いて帰った日、母は慎吾さんに「いじめた子の家に連れていって」と彼を促した。母はその子の家の前で、当人をつかまえ、「うちの子に謝って」と言った。

「そいつはイヤだ、いじめてなんかいないと言い訳していたのですが、母は『あんた、鼻がでかいね。鼻デカって呼んでやろうか』と言うんです。そいつがじろっと母を見ると『イヤでしょ。そういうことを言われたら人はイヤな思いをするの。だから謝りなさい』と有無を言わせなかった。その家のおかあさんが出てきたんですが、母は『私とお宅の子の問題なので、口をはさまないでくださいね』と。そいつ、とうとう僕に『ごめん』と言いました。すると母はそいつと僕を握手させ、『いい? もうこの話は終わり。明日から仲良くするのよ』って。今思えば、そいつは別に鼻が大きいわけじゃなかった。彼が鼻が大きいとコンプレックスを持ったとしたら、それはそれでかわいそうだなと思いました(笑)」

 帰宅すると母は、「あんたもイヤならイヤとはっきり言いなさい。ずるいことはしちゃダメ、だけど自分の意見をはっきり言わないのもダメ」と彼に言い含めた。それでも気弱だった彼はなかなか強い子にはなれなかったが、父の影響で野球をするようになってずいぶんと変わったそうだ。

「父とはよくキャッチボールをしました。3歳年下の弟も一緒にいたし、母はそんな様子をニコニコと眺めていた。父は母を全面的に信頼していたんでしょうね、何かにつけて『おかあさん、これはどうしたらいい?』と母に聞いていた。母は『おとうさんは人がよすぎる』とよく言ってた。本当に市井の、ごく普通の仲のいい家族だった」

母を喪って家庭は荒れ…

 彼が中学に入ったばかりのころ、母が倒れた。おそらく末期ガンだったのだろうと彼は言う。当時は病名さえ教えてもらっていなかった。ただ、母が入院した日の夜、夜中に目を覚ますと父がリビングで泣いていたので、これから恐ろしいことが起こるのだと彼は思わざるを得なかった。

「父は母の余命を知っていたんでしょう。3ヶ月と言われたそうです。2ヶ月たったころ、外泊が許されて母が戻ってきたんですが、痩せていました。それでも母は『ごめんね。何もしてあげられなくて。元気になるから』と気丈に振る舞っていた。父は母と1時間だけドライブしてくると車で出かけて行きました。ふたりだけの思い出をたどったんでしょう。2泊ほど家で過ごしたけど、それ以上は無理だった。病院に帰って2週間後に亡くなりました。僕は学校から病院に行って毎日、母と過ごしました。母は『いい子にならなくていい、自分で考えて自分で行動できる大人になって』とたびたび言っていましたね」

 母が亡くなると、とたんに家の中がおかしくなった。父は会社に行ったり行かなかったりと生活が荒れた。彼は弟のめんどうを見ながら学校に通ったが、家に帰るのが嫌になって悪い仲間とつるむようになった。それでも父は気づかない。

「父の妹である叔母が来てくれたりしましたが、父は一向に立ち直る気配がなかった。叔母は『慎ちゃんたちはうちにおいで』と言ってくれたんですが、僕は母と過ごした家を去りたくなかった。親戚が集まってくれて父とも話し合い、父も息子たちのためにがんばると言ったのに、その1週間後、父は行方をくらましました。結局、僕は叔母のところへ、弟は母方の親戚に預けられることになった。母がいなくなったために家庭は壊れました。父がもうちょっとしっかりしてくれていたら、なんとか男3人で暮らせたと今は思いますけどね」

 彼の心の中では、成長するにつれて母が美化されていった。完璧なわけではない、そそっかしいところもあったしいいかげんなところもあった。それでも母は美化され続けた。

「もちろんそれは恋愛観にも影響がありました。冷静に考えればわかっているんです。母のような人がいるわけがない。同じ人なんていないのだから。だけど僕は女性の中に母を見て、母を探してしまう。一生懸命関係を築いて、本当に好きだと思っても、何か違うと少しでも思うともうつきあっていられない。若いころはその連続でした」

妻は“邪魔にならない女性”

 社会人になって8年たち、世話になった叔母が「そろそろ身を固めたら?」と見合い話を持ってきてくれた。叔母には逆らえなかった慎吾さんは、写真も見ずに「いいよ」と応じた。実際会ってみると穏やかそうな、「ごく普通の女性」だったから、そのまま彼は結婚を決めた。

「結婚は社会を生き抜いていくための手段だと思っていました。家庭があったほうが信頼されやすい面もあるし、実際、勤務先でもそろそろ家庭を持ってもいいんじゃないかと言われていたし。今の時代だったらアウトな発言ですが、そのころはまだ上司が部下にそんなことを言っていたんですよ」

 見合いから半年後には、3歳年下の陽子さんと結婚式を挙げた。あちこちに借金をして中古とはいえ築浅のマンションを購入した。結婚するなら、妻の要望をかなえて過ごしやすい家庭にしたい。そんな思いからだった。

「こういう言い方をしたら非難されると思うんですが、陽子は本当に“邪魔にならない女性”なんです。そういう視点で見たらいけないのもわかっているけど、家庭を築くならそういう女性がよかった。だから僕にとって彼女は理想的な妻でした」

 妻はどう思っているのだろう。彼の言い方が釈然とはしないが、それもわかっていてあえてそういう言い方をするのが彼の特徴なのだと、私は少しずつ理解していた。

「結婚して3年目に息子が生まれました。生まれた前後に僕は恋をしていた。それが結婚後、最初の恋でした。相手は5歳年上。短いつきあいだったけど、彼女の優しさ、おおらかさは僕を救ってくれたような気がします。その3年後、今度は長女が生まれて、その前後でまた恋をしていたんです。今度は7歳年上でした……。これもまたマザコンの表れなんだと思います」

平然と「裏切ったりしない」

 どちらのときも妻は「最近、何かあった?」と尋ねてきた。妻にはわかっていたのだろう、彼が他のことに心奪われているのが。だが彼には家庭を壊す気は毛頭ない。だから「何か疑っているのかもしれないけど、僕はきみを、子どもたちを裏切ったりしない」と平然と言ったそうだ。

「嘘をついているつもりはないんですよね……。裏切りの定義がわからない。僕にとって家庭の外で恋をすることは裏切りではないと思っているから。ただ、妻が知ったら気を悪くするのはわかっている。だからバレないように注意しています」

 屁理屈だというのは簡単だが、彼はどうやら本気でそう思っているらしい。終始にこやかながら、出てくる言葉がどこか「エグい」のが彼なのだ。

後編【不倫がバレて、妻は「あなたは汚らわしい」と言い放った…それでも「悪い気がしなかった」という45歳「マザコン夫」の家族観】へつづく

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮編集部