中日からDeNAに移籍した京田陽太

写真拡大

支配下復帰を目指す阪神の「本格派左腕」

 2月1日にスタートするプロ野球の春季キャンプ。昨年のドラフトで指名されたルーキー、フリー・エージェント(FA)やトレードで移籍した“新戦力”に注目が集まる一方で、チームにとって意外なプラスをもたらすのが、実績はありながらも低迷している選手たちだ。昨年、日本一に輝いた阪神では、前年はわずか19安打に終わっていた木浪聖也がショートのレギュラーを奪取。キャリアハイの成績を残して、ベストナインとゴールデングラブ賞に輝いた。そんな復活に期待したい選手を各球団1名ずつピックアップしてみた。今回はセ・リーグの6球団についてだ。【西尾典文/野球ライター】

【写真特集】プロ野球監督別リーグ優勝回数ランキングベスト10(1990年〜2022年)

 まずは、連覇を狙う阪神から。復活を待望する声が多いのが、高橋遥人だ。2017年のドラフト2位で入団すると、1年目から先発で2勝。2年目には3勝9敗と負け越しながらも、109回2/3を投げて、125奪三振とイニングを大きく上回る奪三振を記録した。翌年は5勝。4年目の2021年には2試合連続の完封勝利を挙げている。これは、阪神の左腕では29年ぶりの快挙だった。

中日からDeNAに移籍した京田陽太

 しかし、2022年4月に左肘の故障でトミー・ジョン手術を受けて長期離脱。昨年6月にも左尺骨と左肩の手術を受けるなど2年続けて実戦登板なしに終わり、今年からは育成契約となった。

 ただ、怪我で離脱する前の2021年は7試合と少ない登板ながらも、4勝2敗、防御率1.65と圧倒的な数字を残している。状態さえ万全ならば、先発ローテーションに加わるだけの力は十分にある。

 阪神の左の先発投手は、伊藤将司と大竹耕太郎といった、どちらかといえば「技巧派」が目立ち、「本格派」である高橋は、投手陣の中で貴重な存在だ。このオフは順調な調整を続けているとも報道されている。春先から、首脳陣にアピールして、早期の支配下登録を目指したい。

リーグ三連覇に貢献した「31歳」ベテラン投手

 昨年2位に躍進した広島からは、黄金時代を支えた岡田明丈を挙げたい。2015年のドラフト1位で大阪商業大から広島に入団。2年目の2017年に12勝、翌年も8勝をマークし、リーグ三連覇に貢献している。

 だが、2019年に制球を乱して、わずか3試合の登板に終わった。さらに、2021年には右肘を痛めてトミー・ジョン手術を受けるなど、過去4年間は一軍のマウンドから遠ざかっている。昨年は二軍でも19試合に登板したが、防御率は6.75と結果を残せずオフに自由契約を通達されてしまった。一時は引退を考えたというが、球団からの育成契約の打診を受諾して残留となった。

 今年で31歳と年齢的にベテランに差し掛かっており、昨年の投球を見る限りでは、前出の高橋に比べて、復活への道のりは険しいように見えた。ただ、復活を願うファンの声は依然として根強い。昨年、かつてのクローザーで1学年上の中崎翔太が中継ぎで復活したことから、岡田もそれに続きたいところだ。

中日からDeNAに移籍の「元新人王」

 2年連続Aクラス入りを果たしながらも、なかなか優勝が遠いDeNA。チーム事情を考えても、復活が待望されるのが、京田陽太ではないだろうか。移籍1年目の昨シーズンは、ショートとしてチーム最多となる62試合にスタメンで出場したが、打率.227、1本塁打、9打点と寂しい成績に終わっている。

 他球団の編成担当者は、京田についてこう話している。

「守備に関しては、まだまだセ・リーグでもトップクラスの力があると思います。気になる点は脚力ですね。(新人王を獲得した)入団当時に比べると、明らかに落ちているように見えますし、守備範囲が狭くなっています。ただ、DeNAは脚力のデータを定期的にとっているようですし、年齢(今年で30歳)を考えても、まだ改善できるはずです。京田が1年を通じてショートとして高いパフォーマンスを発揮できれば、DeNAにとって大きいと思いますね」

 DeNAのショートは、昨年、ルーキーで21試合に先発出場した林琢真に加えて、ドラフトで東洋大の石上泰輝を獲得するなど、競争が激しくなっている。京田には、かつての新人王の意地を見せてもらいたいところだ。

元「侍戦士」は「巨人」再建のキーマンとなるか

 続いて、2年連続Bクラスからの巻き返しを図る巨人。菅野智之や丸佳浩、梶谷隆幸ら大物選手もさることながら、筆者はチームの将来を考えて、ソフトバンクからトレードで移籍した高橋礼の復活を期待したい。

 高橋礼は、プロ2年目の2019年に先発で12勝をマークし、新人王を獲得した。オフに行われたプレミア12では侍ジャパンに選出されて、優勝に貢献している。翌年は、チーム事情からリリーフに回り、52試合に登板して4勝、23ホールドと活躍している。

 それ以降は成績を落とし、過去2年は一軍で0勝と不甲斐ない成績に終わっている。とはいえ、昨年の二軍の成績を見ると、7勝1敗で防御率は1.24と圧倒的な数字を残している。これは、復活に向けて好材料だろう。アンダースローで140キロ前後の速球を投げられ、先発、リリーフで実績を積んでいることは大きな強みであり、チーム再建に向けたキーマンになりたいところだ。

ヤクルトの命運を握る投手

 リーグ連覇から一転して5位に沈んだヤクルトでは、やはり奥川恭伸の復活が待たれる。2年目の2021年にはチームトップタイの9勝を挙げて、クライマックスシリーズでMVPに輝くなど、20年ぶりの日本一に大きな役割を果たした。

 その後、野球人生が暗転。翌年は1試合に登板しただけで、右肘の不調を訴えて長期離脱。トミー・ジョン手術は回避して保存療法を選択したものの、昨年は一軍復帰を果たず、二軍でも、8試合に登板して0勝4敗、防御率6.26と明るい兆しは見えなかった。

 本人も認識しているように、高校時代から股関節の柔軟性が不足している。このため、疲れがたまると、どうしても肩や肘に負担が出てくる傾向が強い。それでも、このオフは順調に調整を続けており、2年ぶりの一軍スタートが決まっている。ヤクルトは、慢性的な投手不足に悩んでいる。奥川は、チームの命運を握る存在である。何とか開幕から一軍ローテーション入りを果たしたい。

中日の切り札として期待される「梅津晃大」

 2年連続最下位から上位進出を狙う中日。復活への期待が大きい投手は、梅津晃大である。東洋大時代は、上茶谷大河(現DeNA)、甲斐野央(現西武)とともに150キロトリオとして評判となり、2018年のドラフト2位で中日に入団した。

 1年目は右肩の不調で出遅れながら、夏場以降に先発に定着。4勝1敗、防御率2.34と結果を残した。その後は、度重なる故障に苦しみ、2022年3月にトミー・ジョン手術を受けている。

 昨年8月に一軍復帰を果たすと、9月25日の阪神戦では8回を投げて1失点の好投で約3年ぶりに勝利投手となった。昨年は、3試合の登板ながらもストレートの平均球速は150キロを超えており、ボールの勢いは完全に戻っている。力のある投手が多いチームの中でも、ポテンシャルの高さは1、2を争う梅津。1年を通じてローテーションを守ることができれば、チーム浮上の切り札となる可能性が高いだろう。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部