上田瑠偉(撮影:藤巻 翔)

写真拡大

 山岳コースを走る“トレイル・ランニング”が世界的に人気を広げている。登山道や林道を走ってタイムを競う。100キロ以上の超長距離レースも珍しくない。

【写真を見る】ハードな環境を走破する上田選手

 国内で最も権威があるとされるのは「日本山岳耐久レース〜長谷川恒男CUP」。通称ハセツネカップだ。総距離71.5キロ、累積標高差4582メートル。御岳神社、金比羅尾根など、東京・奥多摩山域を走るコースは世界的にも過酷な部類といわれる。この22回大会(2014年)で従来の記録を18分も短縮する7時間01分13秒で優勝したのが21歳の上田瑠偉だった。上田はその後、16年にはU23世界選手権で優勝。世界最高峰のトレランレース「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン」のCCC(101キロ部門)でも準優勝。19年には「スカイランナー・ワールド・シリーズ」でアジア人初の年間王者に輝くなど世界のトップランナーとなった。

上田瑠偉(撮影:藤巻 翔)

 上田は1993年10月、長野県大町市で生まれた。瑠偉の名はサッカー好きの父親がラモス瑠偉にあやかって付けた。小中学生の頃は父がコーチを務めるサッカークラブに所属。だが、注目を浴びたのは陸上競技でだった。中3の冬、天皇杯全国都道府県対抗男子駅伝に長野県代表で出場。中学生区間(3キロ)を走り、優勝の一翼を担った。直後に地元の名門・佐久長聖高に進学した。ここからの3年間は、苦難の日々が待っていた。入学すると、3年生に大迫傑がいた。

「ちょうど駅伝部の寮ができた時でした。大迫さんは、その寮に真っ先に入って下駄箱の1番を押さえ、練習後はいちばんに食堂に行き、いちばんにお風呂に入る。とことん1番にこだわる先輩の姿に刺激を受けました」

土、岩場、砂地…

 だが、憧れの先輩のようには活躍できなかった。

「ケガで思うように走れませんでした。治りかけるとまたケガをする。そんな高校3年間でした」

 結局、駅伝を走ることはできなかった。何かチームの役に立ちたいと、上田は控え選手ながら主将を務めた。学業成績はクラスで1番。大迫の後を追うように早稲田大に入学。だが、競走部には入らなかった。

「同好会で自由に走りたいと思ったんです」

 その選択をした18歳の時点で、「上田の競技人生は終わった」と周囲は思っただろう。上田自身もそうだ。ところが、秘めた才能が、本人の意思と無関係に上田を新たな世界に誘った。

「10代最後の記念にと思って同好会の仲間と走った『柴又100K〜東京↔埼玉↔茨城への道〜』で5位に入ったら、コロンビアスポーツウェアの人に誘われたんです。それがきっかけでトレイル・ランニングを始めました」

 レース後、スポンサー契約のオファーを受けた。13年、大学2年の夏だった。

「トレイル・ランニングは、アスファルトの上を走るマラソンと違って路面は土、岩場、砂地などさまざまです。気象条件も高度によって激しく変わる。常にあらゆる状況を感じて先を読む力が大切です。それが僕に合っていたのかもしれません」

 マラソンよりはるかに厳しいコース。走力、体力に加えて鋭敏な感知力、判断力が勝負を分ける。

手強い御殿場ルート

 上田は22年7月13日、「ONE STROKE 富士山4往復」を計画した。

 富士山には富士宮、御殿場、須走、吉田と四つの登山道がある。通常は2日がかりでいずれかのルートで山頂を目指す。上田は1日で4ルートすべて走破する挑戦をしたのだ。過去の達成者は2人だけ。一人は登山家、もう一人が山岳ランナーだった。その記録は11時間53分44秒。上田は当然、記録更新を念頭に朝5時前、雨の中をスタートした。7月半ばとはいえ、山頂に近づけば寒さが厳しい。記録更新が目標だが、他の登山者への配慮は大前提だ。上田は時に立ち止まり、歩くなどして登山者を優先し、走り続けた。

 走行距離57.06キロ、登った高さ6772メートル。記録映像を見れば、とても走るコースと思えない危険な岩場が続く。これを平均時速10.27キロ、9時間55分41秒で快調に走破した。

「富士山は独立峰だからいろんな方向から風が吹きつける。地形も特別です。砂地も岩地もある。吉田ルートには断崖をよじ登るような場所もありました」

 レース後、4ルートの中で一番手強かったのは?と聞かれ、こう答えている。

「想定通り、2本目の御殿場ルートです。あそこは一歩踏んだら半歩下がるみたいな特殊な砂地なので。雨が降ってくれてたおかげで、意外とうまく登ることができました」

 上りでは歩くこともある。下りは相当な勢いがつくが、足元が狂えば真っ逆さまに転落する。一瞬も気を抜けない、集中力の持続も並みのレベルではない。

「4本目を登り切った時、あとは下るだけだと思ったら、グッと込み上げてくるものがあって。ゴールした時に泣けなくなるなってくらい泣きました」

 ライバルに勝つという次元をはるかにしのぐ自然との闘い。上田が挑み続ける地平は従来のスポーツの常識を超える。それこそが山岳レースの魅力だ。

小林信也(こばやしのぶや)
スポーツライター。1956年新潟県長岡市生まれ。高校まで野球部で投手。慶應大学法学部卒。大学ではフリスビーに熱中し、日本代表として世界選手権出場。ディスクゴルフ日本選手権優勝。「ナンバー」編集部等を経て独立。『高校野球が危ない!』『長嶋茂雄 永遠伝説』など著書多数。

「週刊新潮」2024年2月1日号 掲載