寺田克也さんと姫乃たまさん

写真拡大

 漫画家でキャラクターデザインなども幅広く手掛ける寺田克也さん(60)と、地下アイドルを卒業し、文筆活動に勤しむ姫乃たまさん(30)が昨年10月28日、東京の「新宿ロフトプラスワン」で披露宴を行った。結婚公表は2022年7月。多忙な寺田さんのスケジュールを縫い、1年以上を経ての華燭の典となった。

【写真を見る】「30歳差婚」で話題の寺田克也&姫乃たま

「寺田さんの印象はそんなになかった」

「温泉で仕事を消化するための合宿をした3日後には一緒に住んでましたね」

 姫乃さんが明かす。姫乃さんが寺田さんを最初に認識したのは17年4月。当時、ネットのニコニコ生放送で展開されていた、漫画雑誌「コミックビーム」の番組「ビーム マンガ実況!!」。彼女がMCを務め、寺田さんはゲストとして出演した。

寺田克也さんと姫乃たまさん

 ところが「同じ回のゲストだった丸尾末広さんのほうに興味があって。寺田さんの印象はそんなになかった」と姫乃さんは苦笑する。

 一方の寺田さんは、姫乃さんの仕事ぶりを買い、自身のイベント「寺田克也のライブラクガキ」のMCを姫乃さんにオファーした。

自宅に押しかけ同棲がスタート

 やがては東日本大震災のボランティアとして、寺田さんらのグループに交じり、姫乃さんも被災地へ。そんな縁から、温泉での仕事合宿に誘われた。原稿執筆などを抱える者同士が泊まり込みで仕事をこなすというものだ。

「二人で同じ部屋で仕事をしましたけど、何事もなかったですよ」

 だが合宿から帰り、「この人とだったら一緒に住めるかも」との思いがよぎった。3日後に偶然会い、姫乃さんが寺田さんの自宅に押しかけ、そのまま住み着いた。寺田さんも同じ思いを抱いていたとは後から聞いた。

 21年2月、誕生日を祝ってもらった姫乃さんは「来年の誕生日はプロポーズしてほしい」と懇願。ところが翌年の誕生日、待てどもプロポーズはない。「プロポーズはどこ行ったの? もう結婚しよう」と姫乃さんから告げた。寺田さんは「タイミングを失った」と弁明していたそうだが、のちに二人で杉並区役所を訪れ、めでたく入籍した。

寺田さんの周囲からは心配の声も

 披露宴の実現が遅れたのは「寺田さんの個展スケジュールがびっしり」だったから。結婚報告の際に「パーティーはいつやるんだよ」と問いかけた大友克洋さん(69)が乾杯の音頭を取り、ミラクルひかるさん(43)のものまねライブやフリーダムズによるプロレスの試合などにぎやかな宴に。

 寺田さんは姫乃さんの父親より1歳、母親より4歳上だが、姫乃さんの親戚は一同大いに喜んだという。

「逆に寺田さんの昔からの知り合いの中には心配なさっていた方もいました。でも『この子なら年取っても一緒にいてくれそうだから大丈夫だ』と言ってもらえて、夫婦で頑張るぞという気持ちを強くしました」

10時に朝帰りした時には…

「寺田さんが30年一人暮らししてきたサイクルに私がスッと入った」という“押しかけ婚”。アトリエでずっと絵を描く寺田さんの横でライターの仕事をしたり、おしゃべりしたり、踊ったり。けんかはほぼない。コロナ明けで外飲みできるうれしさから、一人で飲みに行き、翌朝10時に朝帰りした際には、「さすがに寺田さんに油性ペンで膝にばってんを描かれました」と苦笑するが、怒られたのはその程度だ。

 21年発売の姫乃さんの写真集の表紙に寺田さんがイラストを入れたこともあり、今度は寺田さんが同一のテーマで描きためている絵に、姫乃さんが文章をつけて「本にしようか」という話をしているという。

 先の披露宴では、寺田さんが絵を入れた波佐見焼が引き出物として用意されたが、二人の共同作品が刊行されれば、ファンにとってはうれしい引き出物、ということになりそうだ。

「週刊新潮」2024年1月25日号 掲載