「セクシー田中さん」(日本テレビの公式HPより)

写真拡大

 昨年放送されたテレビドラマ「セクシー田中さん」(日本テレビ)の原作者で漫画家の芦原妃名子さんが亡くなった(享年50)。芦原さんは1月26日、自身のXで第9話と第10話(最終回)の脚本を自ら担当した経緯を説明したばかりだった。今回の原作改変騒動で表面化した実写化作品の難しさとは――。【冨士海ネコ/ライター】

 ***

【写真を見る】ほとんど知られていない 実は「のだめ」ドラマ化のトラブルがきっかけで生まれた「井上真央」主演の“人気ドラマ”

 漫画原作ドラマは一体誰のものなのだろうか。演出家か、原作者か、視聴者か。それともスポンサーやタレント事務所か。ドラマ制作者は日夜、頭を悩ませていることだろう。

「セクシー田中さん」(日本テレビの公式HPより)

「セクシー田中さん」ドラマ化における脚本騒動は、改めてその問いをつきつけた。原作者である芦原妃名子先生が、ラスト2話分の脚本を手掛けた経緯を発信したのは先月26日。ドラマ化するなら「必ず漫画に忠実に」という前提のもと、漫画に忠実でない場合はしっかりと加筆修正を行うことや、ドラマオリジナル部分については「あらすじからセリフまで」用意するので、原則変更しないでほしいなどの条件を出した上で実写化を許可したという。しかし「毎回、漫画を大きく改編したプロットや脚本が提出され」たため、苦渋の決断の上、自ら脚本を執筆することになったとつづられていた。

 今は削除されてしまったが、芦原先生の投稿に非難めいたニュアンスはなかった。ただ自分の作品を大事にしたい思いと、それがうまく結実できなかったことへの反省と苦労が読み取れた。一方、最後の2話をめぐって不本意なやり取りがあったとSNSに投稿した脚本家には、批判が殺到。間に立っているはずのプロデューサーは何をしていたのかと矛先は日本テレビにも向いたが、悪者探しでネットがヒートアップする中、芦原先生の訃報が報じられるという最悪の事態が起きてしまった。

 日テレからは「原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております」との発表があったが、あれだけ評判の良かったドラマだけに、なぜここまでこじれてしまったのか、なんとも後味の悪さが残る。

実写化ブームの中で…「型破り」な作品のはずが「型通り」の語り口になってしまう難しさ

 近年ヒットした漫画原作のドラマというと、普通の男女の恋愛模様より、その風潮になじめない人々を描いた作品が目立った。「凪のお暇」「きのう何食べた?」(2019)、「私の家政夫ナギサさん」(2020)など。「セクシー田中さん」しかり、女性同士の連帯を描くシスターフッドも流行のテーマだ。「その女、ジルバ」(2021)や「作りたい女と食べたい女」(2022)、昨年のNHK「大奥」にもその匂いを感じる。

 こうした風潮の先鞭をつけたのが、2016年の「逃げるは恥だが役に立つ」ではないか。“プロの独身”男性と、“小賢しい”無職女性のラブコメディー。文字にすると身もふたもないが、星野源さんと新垣結衣さんを始めとする好感度の高いキャスト陣と、野木亜紀子さんによる見事な脚本もあって、平均視聴率14.5%を記録。さらに主演カップルが実生活でも結婚という展開には日本中が沸いた。

 同作では各キャラのセリフも話題に。ヒロイン・みくりが言う「やりがい搾取」や、みくりの伯母・百合ちゃんによる「自分に呪いをかけないで」は大きな反響を呼んだ。性別役割分業観や女性のエイジズムに疑問や息苦しさを感じる人が、それだけ多かったということだろう。

「セクシー田中さん」の脚本家による2022年の月9「ミステリと言う勿れ」も、同じ流れをくんでいる。良質な謎解きの要素はありつつ、主人公・久能整のセリフには、原作発表時から称賛と共感が集まっていた。家事や育児を「手伝う」と言う男性刑事への一言や、日本のいじめ問題の不条理さの指摘。警察という男社会になじめずにいた若い女性刑事にかけた、存在意義を肯定する「違う生き物でいてください」という言葉。

 だからこそその女性刑事が、主人公にほのかな思いを抱いているような“改変”がなされたことには原作ファンから怒りの声が上がった。

 だって月9だし、ちょっとくらい恋愛要素が無いと盛り上がらないし。あくまでも推論だが、テレビが元気だった頃のヒットメーカーたちほど、かつての成功法則を捨てられないのではないだろうか。古い価値観に一石を投じる型破りな物語を、型通りに描くことしかできない制作陣との意識の隔たりは、思った以上に大きかったようだ。

万人にとっての「ハッピーエンド」は無いからこそ……行動で示すべき「原作リスペクト」

 芦原先生も「漫画で敢えてセオリーを外して描いた展開を、よくある王道の展開に」されていることが度々あったと記していた。だからラストシーンはあれでよかったのだろう。旅立つ相手を追いかけ空港でキスを交わすとか、ひと昔前のドラマの「王道」演出は無かった。先生が苦心して作品を守り抜いた結果だと、改めて得心がいったものだ。

 もし視聴者に「理想のラスト」を聞けば、さまざまな答えが返ってくるだろう。原作通りの世界が見たいファンもいるし、原作を知らない視聴者の中には、恋愛要素にときめく人もいる。原作は好きでもは嫌いな俳優が主役なら見ないという声もある。「ミステリ〜」だって、久能役が菅田将暉さんと発表された時は賛否両論があった。実は各局争奪戦だったドラマ化の権利をフジテレビが手にしたのは、菅田さんの起用あってこそだったと後にプロデューサーが明かしているのだが。

 要するに万人にとっての「ハッピーエンド」など無いのだ。だからこそ実写化の際は、原作サイドとの約束のもとというのが大前提だが、誰のために作りたいのか、誰と一緒に作りたいのか、覚悟と優先順位を決めることが大事なのだろう。「原作リスペクト」は当然だが、口で言うだけでは意味がない。合意条件に沿ったガイドラインを関係者全員に周知したり、外れた場合の措置も明文化しておくなど、行動で示して初めて伝わるものではないだろうか。

 脚本家だって、原作に忠実に仕上げるのが得意なタイプもいれば、テレビ局の意向通りに“改変”するのがうまいタイプもいる。どちらがいい悪いではなく、設定条件との適性で決めればいいだけのこと。その部分での見通しの悪さとミスマッチは、今回ならずとも現場や原作者の士気を奪うのは確かである。

「セクシー田中さん」のヒロイン・朱里による「コンビニのスイーツがおいしかった。眉がキレイに描けた。一つ一つは些細だけど、たくさん集めると生きる理由になる」というセリフがある。今はただ原作ファンとして芦原先生に伝えたい。「セクシー田中さん」という漫画を読むことも、私にとって生きる理由を形作るひとつでしたと。心からご冥福をお祈りいたします。

 ***

■相談窓口

・日本いのちの電話連盟
電話 0570-783-556(午前10時〜午後10時)
https://www.inochinodenwa.org/

・よりそいホットライン(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター)
電話 0120-279-338(24時間対応。岩手県・宮城県・福島県からは末尾が226)
https://www.since2011.net/yorisoi/

・厚生労働省「こころの健康相談統一ダイヤル」やSNS相談
電話0570-064-556(対応時間は自治体により異なる)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_info.html

・いのち支える相談窓口一覧(都道府県・政令指定都市別の相談窓口一覧)
https://jscp.or.jp/soudan/index.html

冨士海ネコ(ライター)

デイリー新潮編集部