亡くなった山根明氏

写真拡大

やりきれない思い

 日本ボクシング連盟「第12代会長」山根明氏が1月31日午前3時35分、大阪市内の病院で亡くなった。死因は腎盂癌が肺に転移したためと家族は医師から説明を受けたという。腎盂癌が見つかったのは昨年12月、その時点で末期(ステージ4のさらに悪い状態)と診断され、療養していた。

【写真】おなじみの帽子とサングラス姿で車に乗り込む山根明氏の姿と、騒動のきっかけとなった「告発状」

 逝去の報に接し、私は、どうしようもない悔しさ、やりきれない思いに揺れている。

 山根会長は(注 ずっとそう呼んでいたのであえてこう書かせてもらう)、2018年に起こった〈日本ボクシング連盟の告発騒動〉で渦中の人となり、テレビ、新聞、雑誌など各メディアが一斉に報じた社会問題の主役だ。当時は日本ボクシング連盟の会長。しかも「終身会長」という、通常の競技団体では考えられない絶対的な立場を保障される存在だった。

亡くなった山根明氏

 騒動は、〈日本ボクシングを再興する会〉(以下、再興する会)と称する有志の会が、同年7月末、日本オリンピック委員会や日本スポーツ協会、文科省、スポーツ庁などに告発状を送ったことをきっかけに起こった。再興する会は、山根独裁体制からの脱却を目指し、全国の有志が一丸となって決起した集まりで、各都道府県の連盟関係者、高校・大学の指導者、元五輪選手ら合わせて「333人が賛同している」と説明された。

健全化を謳い文句に

 具体的には、全国大会などで山根会長を迎える際、開催地の連盟が山根会長のために用意する〈接待リスト〉などが話題となった。〈奈良判定〉という言葉も有名になった。山根会長に忖度し、その出身母体である奈良県協会所属の選手に有利な判定が繰り返されているとの疑惑だ。こうした情報のひとつひとつが、いかにも前時代的で現代にあってはならない独裁者のイメージを増幅させた。

 約2週間におよぶ大騒動(山根バッシング)の末、8月8日に山根氏は自ら会長辞任を表明。騒動は一応の決着を見た。その後、日本ボクシング連盟は新たな会長を選出し、新体制で動き出した。

「山根会長の辞任で、アマチュア・ボクシング界は健全化した」と多くのメディアが報じ、一般の人だけでなく、スポーツ・メディアの取材者でさえそれを信じているほど、一見、平穏化している。

 だが残念ながら、現実は大いに違う。騒動の後も取材を続けている私の元には、「山根会長時代の方がずっと良かった」との悲鳴にも近い訴えが寄せられている。

 端的に言えば、あの騒動は、実は仕組まれたクーデターで、しかもそれはボクシングを愛する者たちに明るい未来を拓く目的ではなかった。「一部の勢力が山根に代わって権力を握るためのシナリオだった」ことが後に判明する。山根会長の不正を告発し、健全化を謳い文句にメディアも巻き込んだ一大キャンペーンの実像は違った……。私もその策略に乗せられた愚かな発信者のひとりだった。

日本選手に金メダルを獲らせたい

 騒動の際、テレビ出演など山根おろしの先頭に立っていたのは、再興する会の会長に推された鶴木良夫氏だ。いかにも好々爺然とし、眼差しのやわらかい鶴木氏と、強面の山根会長の対照が絶妙だった。善人・鶴木と悪役・山根。悪役ファンもいたが、世間は圧倒的に鶴木氏がボクシングへの愛を込めて語る未来像に心を寄せた。

 大半の視聴者が、山根辞任後は鶴木氏が新会長になると思っていただろう。ところが、新会長選出の過程で鶴木氏はすぐに外され、333人の賛同者の大半が、想定していなかった人物が会長候補に挙げられた。それが現会長の内田貞信氏である。その後の取材を総合すれば、山根おろしは当初から内田氏を会長に据えることを前提に計画されていたようだ。その考えを共有していたのは政権奪取を目論んだ一部当事者だけだ。鶴木氏も彼らに利用され、役割を果たすと冷酷に追われた。鶴木氏はいま連盟の要職にあるどころか、現体制から除名され、公式HPなどでも要注意人物扱いされている。

 騒動が起こった時、山根会長は謀反の企てに気づき、だからこそ、孤立無援の中で抵抗を続けたのだ。自己を正当化したい思いも当然あったろうが、それ以上に、邪な策略で自分に取って代わろうとする輩を許せなかった。山根会長には、「自分はお金や欲のためでなく、ひたすら日本選手に金メダルを獲らせたい、日本を強くしたい、ボクシングで勝って日本の誇りを示したい」、そうした純粋な情熱に突き動かされてきたとの強烈な自負がある。金や利権が目当ての半端な連中に、日本のボクシング界を譲るわけにいかない、その思いは後に山根会長自身から直接聞いた。

2時間以上厳しい口調で

 山根会長が世界で人脈を築き、権力を強めたのは、「ボクシング界ではそういう実力者のいる国に勝利が転がり込む」という、どうしようもない現実を見てきたからだ。善悪にかかわらず、それがボクシングの世界だった。「オリンピックで金メダルを獲るためには、選手が強いだけでは足りない。リング外の力関係も制圧することが前提だ」。そうした論理はあの騒動の中では理解してもらえなかった。世間はスポーツに公正・公平を求める。だが、長い指導者経験を通じて現実のカラクリを痛感した山根会長は、世界の「顔」になる道を志し、そのとおり国際舞台で一目置かれる「世界の山根」となり、ロンドン五輪では金メダル獲得を実現した。

 私自身、騒動の際、山根会長を非難する側のひとりだった。だが、騒動の後も取材を続け、山根おろしの背景に気づかされて強い自戒と自省の念に襲われ、大阪に山根会長を訪ねた。

「あなたがテレビで私をずっと批判していたのは見ていました」、会うなり山根会長はあの迫力で言い、それから2時間以上、厳しい口調でまくし立てた。その言葉のひとつひとつが、ボクシングへの愛と情熱に満ち溢れていた。夕刻になり、席を立った私に山根会長は「東京に帰るの?」と訊いた。「新幹線で帰ります」と答えると、「ちょっと待って」と言い、となりの駐車場に停めていた年代物のトヨタ・センチュリーで私を新大阪駅まで送ってくれた。

あの騒動で自分は何も恥じることはありません

 お会いしたのは、あの騒動の時にもずっと山根会長の傍らにいた奥様・智巳さんが経営するクラブ(開店前)だった。謙虚に、そして気丈に山根会長を支える智巳さんの揺るぎない愛情がいかに山根会長を力づけているか、肌で感じられた。

 翌日から毎日のようにLINEで「おはようございます」のメッセージが届くようになった。

 後に改めて山根会長を訪ね、YouTubeで発信するインタビューを収録させてもらった。その会話を通して、自らは世間のバッシングを一身に受けて退任する一方、多くの関係者たちの名誉と秘密を守り、決して泥仕合にしなかった男気(おとこぎ)も理解できた。いまもボクシング連盟の要職にあり、現場で活躍している指導者や関係者の様々な不祥事と、それを会長の立場でいかに山根会長が包容力を持って不問に付し次のチャンスを与えていたかも知らされた。そうした山根会長に救われた人たちが、恩を仇で返すように、束になってクーデターを起こした。そんな目に遭った山根会長のたまらない痛切を私は目の前で思い知らされた。

 山根会長の主張は一貫していた。「あの騒動で自分は何も恥じることはありません。信念に従ってやるべきことをやったまでや。悪いことは一切してません」

オヤジ、ありがとう!

 そう言いながら、ひとつだけ騒動で失ったものをつぶやいた。長男・昌守氏との絆だ。

「あの騒動の後、私は息子とよくないんです……」

 そう言って、声を上げて泣いた。嗚咽はしばらく止まらなかった。もう何年も会っていない。会うこともかなわない、絞り出すような声で山根会長は言った。

 昌守氏は、山根会長が国際舞台でロビー活動を行う資金をほぼ全面的に提供していた。合計すれば優に1億円を超える額だと言う。ところが、あの騒動の中で、昌守氏もバッシングの対象になった。村田諒太選手が金メダルを獲ったロンドン五輪の決勝戦で、前夜になってセコンドに入るよう山根会長から命じられたのが昌守氏だった。昌守氏が望んだのではない。ところが、まるで自分が無理やり目立つ場所に出しゃばったかのように報道され、世間から冷笑された。結果的に山根会長とともに連盟から除名処分も受けた。それをテレビ番組で指摘したひとりが私だった。詫びても詫びようのない過ちが、山根父子の断絶を引き起こしてしまった。

 昨夏、昌守氏にも会う機会をいただいた。心の隅に、なんとか山根会長と昌守氏が再び会える糸口を作れないかとの思いがあった。が、昌守氏の深い憤りを知ってなす術がなかった。

 そして31日の朝。昌守氏からのLINEで会長の逝去を知らされた。短い文面に続いて、動画が届いた。亡くなる直前、昌守氏が山根会長の病床を訪ね、固く両手を握り合って親子の情を交わす光景だった。会長は言葉にならない嗚咽で応える。昌守氏が大きな声で会長に言った。「オヤジ、ありがとう!」

 昌守氏のこの言葉で送ってもらえて、よかった……。

 山根会長、安らかにお眠りください。仲良くしていただいて、ありがとうございました。

スポーツライター・小林信也

デイリー新潮編集部