伊藤美誠選手

写真拡大

明暗を分けた6回戦

 1月28日に閉幕した卓球の“国内女王”を決める全日本選手権は、パリ五輪日本代表の最終選考会を兼ねた熾烈な争いが展開された。パリ五輪の女子シングルス代表は2名。既に早田ひなが代表入りを決め、残る1枠を選考会2位の平野美宇と3位の伊藤美誠が激しく争っていた。全日本の結果次第では、平野と伊藤の立場が逆転する可能性があり、その一方、東京五輪女子シングルス銅メダリストで、混合ダブルスチャンプの伊藤が代表漏れすることも考えられ、例年以上に注目を集めた。

【写真】果たしてどちらがパリ五輪に? 運命の時が間近に迫る伊藤美誠と張本美和の姿

 平野は過酷な代表争いで、痺れるような緊張感にさいなまれていることを明かしていたが、それは伊藤も同じだった。両者が全日本の舞台に立ったとき、それは最高潮に達した。シードで4回戦から登場した平野と伊藤は、ともに初戦で格下選手を相手にフルゲーム、4−3のギリギリで勝利。薄氷を踏む思いだった。世界ランクからも、世界で戦ってきた経験からも圧勝しなければいけない戦いで、もたついてしまった。

伊藤美誠選手

 2人の明暗を分けたのはその後の6回戦だった。平野は徐々に調子を取り戻し、4−0でストレート勝ちし、安堵していた。一方の伊藤は、本来のプレイが取り戻せないまま、やはり格下の選手相手に3−4で競り負けてしまった。この時点で、パリ五輪のシングルス代表は平野に決まった。

過酷な選考レース

 パリ五輪シングルスの代表の座を逃した伊藤は、その複雑な胸中を、団体戦代表辞退や現役引退を匂わせてこう語った。

「私はずっと(五輪の)シングルスで優勝することを目標にしていて、シングルスで成し遂げたいと。団体戦に選出されても出るかどうかは、はっきり決まっていないですが、まずは落ち着いてどこまでやるかをしっかり考えたい。でも、昔からの目標は、いいところで終わるというのが一番。これで終われないという気持ちもすごくあるけど、終わりたいという気持ちもあります。でも、良いところで終わりたいから、もう少し頑張ります」

 女子シングルスの代表枠は2名。これに加えて3名で戦う団体戦要員として、日本卓球協会の推薦によりもう1名が選出される。

 伊藤はパリ五輪団体戦のメンバーに選ばれても「出るかどうかははっきり決まっていない」と言い、「(これで)終わりたいという気持ちもあります」と引退すら匂わせたのだ。それだけ過酷な代表選考レースだったともいえる。まだ23歳と年齢的には若いが、10代前半から注目を集め期待されてきた卓球人生には、想像できない疲労が蓄積しているのかもしれない。その懊悩は本人にしかわからない。

特徴を見失ってしまった

 ただし、こんな意見もある。指摘するのはある卓球ウオッチャー。

「東京五輪やリオ五輪の際、同学年で伊藤のよきライバルであった平野や早田は代表になれず悔しい思いをしたものの、サポートメンバーとしてチームに帯同、練習相手や球拾いなどで貢献してきた。いくらシングルスの優勝が目標で、そのシングルスに出られないからと言って、団体戦に選ばれても出るかどうかわからない、というのは、他の選手に対し礼を失し、ワガママと受け取られかねません。もちろん、そのくらいの気持ちで戦ってきたという覚悟のほどはよくわかるのですが、選手として口にしてはいけないことのように思えてしまい、残念です」

 いずれにせよ、伊藤にとって正念場なのは間違いない。それにしても、日本のエース・伊藤はなぜ勢いがなくなったのか。卓球担当記者はこう分析する。

「伊藤の卓球は、ラリーを長引かせ徐々に良い展開にしていくタイプではない。一撃必殺のスマッシュ“みまパンチ”に代表されるように、なるべく短いラリーで勝負するのが得意。ただ、3年前の全日本で石川佳純に粘られて負けたことや、その後、中国選手に敗戦が続いたことなどから、ラリーでも勝てる方向にモデルチェンジを試みました。ところが、元々ラリーの力はそう高くなかったことや、相手から研究されたことも相俟って自分のプレイスタイルの特徴を見失ってしまったのです」

伊藤か張本か

 こうなると、団体戦要員としての推薦枠の選出は非常に難しくなる。伊藤に代わる有力候補に浮上しているのは、男子のエース・張本智和の妹で、全日本準優勝と躍進した15歳の張本美和だ。

 張本は昨年後半からメキメキと力をつけ、中国のトップ選手と互角に渡り合ってきた。いま卓球王国・中国が最も警戒する選手だ。全日本の決勝では、日本の不動のエースとなった早田にはおよばなかったものの、昨年の五輪選考会では早田や伊藤、平野にも勝利している。半年後のパリ五輪開催時には、日本のエースにのし上がっているかもしれない。そのくらいの安定度やポテンシャルの高さなのだ。今年、全日本での「きょうだいV」はならなかったが、きょうだいでの五輪代表は現実味を帯びてきた。一方、それでも伊藤を団体戦枠に選出すべきとの声もある。それは、五輪メダリストとしての実績、他国にはあまりないプレイスタイルが効果的だと指摘されることによる。

 伊藤か張本か――。2月5日、日本卓球協会はパリ五輪代表候補3枠目も含め五輪代表選手を発表する。

ノンフィクションライター 青柳雄介

デイリー新潮編集部