伝説の名勝負に登板した“ミスタータイガース”村山実氏

写真拡大

幻と消えたサヨナラ勝ち

 現在のプロ野球の延長戦は最大12回までだが、かつては延長20回を超える死闘もあった。高校野球でもあり得ない長丁場にもつれ込んだ“スーパー延長戦”の名勝負を振り返ってみよう。【久保田龍雄/ライター】

【写真特集】プロ野球監督別リーグ優勝回数ランキングベスト10(1990年〜2022年)

 まず、プロ野球史上最長イニングを記録したのが、第二次世界大戦中の1942年5月24日に後楽園球場で行われた名古屋(現・中日)対大洋(後の西鉄軍)である(※ちなみに、この大洋は、戦後の大洋ホエールズとは全く関係がない)

 大洋・野口二郎、名古屋・西沢道夫の両先発で午後2時40分に始まった試合は、2、3回に名古屋が敵失に乗じて1点ずつを挙げ、2対0とリードした。これに対し、大洋も6回に3番・浅岡三郎の左翼線二塁打で2対2の同点。7回にも3連打と一塁手の本塁悪送球の間に2点を勝ち越し、勝負あったかに思われた。

伝説の名勝負に登板した“ミスタータイガース”村山実氏

 だが、名古屋も9回2死から四球の走者を置いて5番・古川清蔵が起死回生の左越え同点2ラン。4対4のまま延長戦に突入した。

 その後は野口、西沢の投手戦となり、スコアボードに仲良くゼロが並んでいく。同年4月12日の阪急対大洋の延長19回を上回る新記録の20回に入っても勝負はつかず、ついに中等学校記録の25回(1933年夏の甲子園準決勝、中京対明石。現在も高校野球史上最長イニング)、大リーグ記録の26回(1920年5月1日のボストン・ブレーブス対ブルックリン・ロビンス)をも超えた。戦中だった当時は、野球に対しても敢闘精神が求められ、試合も勝負がつくまでやるのが望ましいとされていた。

 27回裏、大洋は2死二塁で織部由三が中前安打を放ったが、二塁走者の捕手・佐藤武夫が三塁ベースを回ったところで疲労が限界に達し、倒れてしまったため、サヨナラ勝ちは幻と消える。

 そして、延長28回も両軍ともにゼロに終わると、午後6時27分、審判団は協議のうえ、引き分けでゲームセットを宣告した。両投手ともに完投で、投球数は野口344球、西沢311球だった。

「もう疲れた。誰か代わってくれ」

 2リーグ制以降のパ・リーグ記録を更新する延長23回で決着がついたのが、1954年10月10日の近鉄対東映である。

 近鉄の先発は、防御率2.04を記録しながら、0勝5敗と勝ち星から見放されているレン・カスパラビッチ。「(帰国前の)最終登板で何とか勝たせてやりたい」という芥田武夫監督の恩情起用だった。これに対し、東映は同年チームの勝利数52のうち23勝を挙げた大エース・米川泰夫がマウンドに上がった。

 変化球を駆使して9回まで3併殺と打たせて取るカスパラビッチに対し、米川も速球とシュートを武器に毎回のように走者を出しながらも、点を許さない。

 0対0で迎えた延長15回、すでに169球を投じていたカスパラビッチは代打・関根潤三を送られ、「最後に白星を挙げてハワイに帰りたい」の夢を断たれる。だが、16回からエース・田中文雄がリリーフし、22回までの7イニングを被安打わずか3の力投を見せる。

 一方、カスパラビッチ降板後も一人で265球を投げつづけてきた米川も、22回が終わると、「もう疲れた。誰か代わってくれ」とついに音を上げた。

 そして、前年6月25日の大映対近鉄の延長22回のパ・リーグ記録を更新した23回、近鉄打線は代わった上野重雄から武智修の二塁打と4番・鬼頭政一の送りバントで1死三塁としたあと、日下隆が三塁前にサヨナラスクイズを決め、1対0で4時間30分の死闘にようやく終止符を打った。

「奴には一発がある。ひょっとしたら……」

 イニング数は20回未満ながら、“奇跡の同点引き分け”として伝説の名勝負になったのが、1967年4月30日の阪神対広島である。

 阪神・村山実、広島・池田英俊の先発で始まった試合は、9回まで両チーム無得点のまま延長戦へ。

 試合が動いたのは11回。広島は1死から4番・山本一義の中前安打のあと、寺岡孝が先制の左越えタイムリー二塁打。このまま虎の子の1点を守り切るかに見えた。

 その裏、阪神は簡単に2死を取られ、「あと一人」に追い込まれる。ここで藤本定義監督は、村山の代打に辻佳紀を送る。「奴には一発がある。ひょっとしたら……」という一か八かの起用だった。

 前年秋からドジャースの捕手、ジョン・ローズボロにあやかって鼻髭を伸ばしはじめた“ヒゲ辻”は「もちろん狙っていたさ」と池田のスライダーを左翼ラッキーゾーンに値千金の同点ソロ。池田はマウンドの土を投げて悔しがり、敗戦を覚悟して風呂に浸かっていた村山は「ワーッ、ワシはツイとる!」と素っ裸で飛び上がった。

“ラッキーボーイ”のタイムリー

 12回以降は両軍とも決め手を欠き、16回まで10個のゼロが並んだが、時間切れ引き分け寸前の17回表、広島は阪神の3番手・権藤正利をとらえ、無死一塁から雑賀幸男の中越え三塁打で2対1と勝ち越し。

 さらに古葉竹識の右前タイムリーと捕手・辻佳の悪送球で2点を加えたあと、山本の右越えソロで5対1と突き放し、今度こそ勝負あったかに思われた。

 ところが、その裏、阪神も最後の意地を見せる。先頭の代打・辻恭彦の左前安打を足場に、2死後、5番・藤井栄治の右前タイムリーで、まず1点。さらに代打・藤本勝巳中前安打、朝井茂治四球で満塁とチャンスを広げると、1球ごとにスタンドの虎党の大歓声が上がるなか、安藤統夫も広島の3番手・三好幸雄から押し出し四球を選び、2対4。

 そして、なおも2死満塁で、この日の“ラッキーボーイ”辻佳紀がカウント1-2から中前に執念の同点2点タイムリーを放ち、土壇場で同点引き分けに持ち込んだ。貴重な同点打2本の辻佳は「何だか冴えちゃってね」と鼻高々だった。

 4時間45分の死闘を終えた藤本監督は「逆転できなかったが、ワシは満足しとる。それにしても、えらい長い試合やった」と大きなため息をつき、広島・長谷川良平監督も「気力の差やな。負けたときより疲れたようだ」と足取り重く、帰りのバスに乗り込んだ。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。

デイリー新潮編集部