岸田首相と麻生自民党副総裁

写真拡大

麻生・茂木両氏に相談せず

 東京地検特捜部による政治資金規正法違反容疑での捜査を受け、自浄を図るべく政治刷新本部を立ち上げ、その議論が始まったかと思うと「派閥解散」を訴え、永田町を驚かせた岸田文雄首相。ただ、それが国民の心に響いているかというとそうでもないようである。

【写真6枚】実はずっと前から“脱派閥”を訴えていたキーマンって誰? 実名を確認する

 もっと支持を得られるはずだった「派閥解散」が今ひとつウケない背景には麻生太郎自民党副総裁が仕掛けた情報戦の存在も大きいとのことだ。

 岸田首相が自ら会長として率いていた宏池会(岸田派)の解散に言及したのは、1月18日のことだった。

「政権運営への関与度の高い麻生副総裁や茂木敏充幹事長に事前の相談がなかったため、特に2人の反発が大きいとされました」

岸田首相と麻生自民党副総裁

 と、政治部デスク。

「2人に前もって派閥解消の意向を伝えると反対されて決断がブレるので、そうしなかったという見立てがありましたね。さらに、派閥解消を表明した後に麻生氏から電話を受けて釈明に追われたとの報道がありましたが、実際はそうではないと聞きました」(同)

「首相がタジタジになっていた」の真贋

 各社おしなべて、岸田首相の発言に憤った麻生副総裁が電話し、「ウチは誰も立件されていないのだから派閥解散の理屈が立たない」との意思を表明した旨を報じていた。

「そうですね。ただ、実際は岸田首相から麻生副総裁に電話して説明したとのことでした。その中身自体、首相がタジタジになっていたということはなく淡々としていたということです。麻生氏は立場を重んじる人ではありますが、“用事がある者の方からアプローチしてくるべきだ”といった哲学があり、それを踏まえたうえで首相が電話したということでしょう」(同)

 それなのに、実態に即さない内容が各社から報じられたのはどういうことなのか。

「麻生氏側から、“自分は怒っている。首相は平身低頭していた”といった説明が、記者たちにそれなりに具体的になされたからでしょう。情報番組まで含め、そういうストーリーで解説されていました。“麻生氏の強硬姿勢に屈した首相”というイメージの刷り込みに成功しているように感じました」(同)

派閥ラブの影響力

 まさにキングメーカーの面目躍如といったところなのだろうか。

「派閥ラブな麻生氏としては首相の方針に賛成しがたい中で、自身の存在感を示すにあたっては、首相に対して“強く厳しく言える自分”を演出する必要があったのかもしれません。実際、派閥解消を表明した後の内閣支持率が上昇傾向ではないことなどを踏まえれば、派閥ラブな信念を貫いたという意味で麻生氏を評価する声もあるようです」(同)

 情報戦はともかくとして、「岸田・麻生」の関係は現在どういう状況なのか。

「その後に2人で食事したくらいですし、完全に冷え切っているということはないようです。これまでと変わらず茂木氏と共に岸田政権を支えるということになるでしょう」(同)

 岸田首相は9月の総裁選再選を狙っているが、出馬の際に「麻生派」からも支援を受けることが前提になるようだ。しかし、派閥解消を率先して訴えた立場の人物が派閥にサポートされること自体、具合が悪そうに見える。国民にとっても極めてわかりにくい構図になるだろう。

 何をやっても上昇気流に乗れない岸田政権の惨状については、【関連記事】〈官邸にいるのにわざわざ防災服を着ていた岸田首相 新年会でもそのまま挨拶…かつて「わざとらしい」と言って防災服を拒否した首相がいた〉にも詳しい。

デイリー新潮編集部