中村ノブアキ氏(撮影・鈴木 淳)

写真拡大

 舞台の世界でも田中角栄が話題だ。東京・新宿を拠点に活動するシアターカンパニー「JACROW」が、角栄の半生を描いた「闇の将軍」4部作と、企業戦士の物語「経済3篇」で第58回紀伊國屋演劇賞の団体賞を受賞した。

【写真を見る】「角栄そっくり」と話題の俳優・狩野和馬

 JACROWは平成13年に“大人が楽しめる小劇場”をコンセプトに結成された。作と演出を担当した中村ノブアキ(56)が、人間・角栄の魅力を語った。

「角栄の舞台化は、10年ほど前に書店で早野透氏の『田中角栄 戦後日本の悲しき自画像』という評伝を手にしたのがきっかけです。それまで“悪い政治家”との認識だったのが、読後はロッキード事件で逮捕・起訴された汚職政治家とか、いわゆる金権というイメージとは異なる人間味溢れるキャラクターに魅了されたんです。これは面白い芝居にできると直感しました」

中村ノブアキ氏(撮影・鈴木 淳)

「当初は1作で終えるつもりだった」

 初演は平成28年で、土建業で身を起こした角栄が政界に進出し、39歳という若さで大臣に就任するまでを描いた「夕闇、山を越える」だった。

「当初はこの1作だけで終えるつもりでした。ところが“この舞台で政治に興味を持った”とか“続きを見たい”といった声が寄せられまして。作り手冥利に尽きる反響でしたので、シリーズ化に踏み切りました」

 2年後の平成30年には、福田赳夫との角福戦争に勝利して首相の座に上り詰めるまでを描いた「宵闇、街に登る」を上演。さらに2年後の令和2年には、ロッキード事件で自民党を離党した後も“目白の闇将軍”として君臨した姿を描いた「常闇、世を照らす」を手がけて話題をさらった。

“政治家じゃなくて小劇場の役者にしか見えない”

 一連の舞台で角栄を演じた狩野和馬(46)、大平正芳役の内田健介(52)らは、「仕草から話し方までそっくり」と評判に。それでも中村は「実在の政治家を演じる難しさがあった」と振り返る。

「初演の稽古では、“政治家じゃなくて小劇場の役者にしか見えない”と僕が怒って、帰ってきたことも。その後、俳優たちがミーティングをしたようで、翌日には見違えるほど良くなっていましたね」

 令和2年は、角栄の故郷・新潟県でも公演を行った。

「地元では非常に多くの方に喜んでいただけました。角栄さんの後援会『越山会』の会員だったというご老人たちが見に来られ、終演後に“良かった”としみじみ握手をされたこともありました」

本業は広告代理店のサラリーマン

 昨年は75歳で死去した角栄の没後30年だった。“今太閤”と称賛される一方で“金権政治家”と唾棄された角栄の生前の功罪を巡っては、いまも毀誉褒貶(きよほうへん)が激しい。

「やると決めたら、リスクを顧みずに実行する決断力、判断力はすごい。“功”は日中の国交回復を実現するなどの外交でしょう。北方領土問題の解決を目指してモスクワにも行っていた。一方の“罪”は悪名高い金権政治よりも、権力の二重構造を作ったことだと思います。誰が本当のトップか分からない、現在の自民党の構造を作った罪は大きい」

 中村の本業は大手広告代理店に勤務するサラリーマン。9年にわたり、二足のわらじで角栄の舞台に取り組んできた。

「なかなか結論が出ない会議での腹の探り合いや、取り引き先との駆け引きなどが身に染みているからこそ、臨場感に富んだ場面を作り出せているのかな」

 次回公演は6月の予定。不動産の所有者を装って多額の代金をだまし取る、地面師が題材の社会派劇という。

「週刊新潮」2024年1月25日号 掲載