ルーグネッド・オドーア選手

写真拡大

「オドろき」──巨人が新外国人選手の獲得を発表し、スポーツ報知は大々的に報じた。やはり電子版より紙面のほうが、その“歓迎ムード”は圧倒的だ。それではまず、1月23日に電子版で配信された「【巨人】新外国人オドーア獲得正式発表!トレードマークのヒゲ全剃りで『優勝目指してプレー』単年2億、背番号23」との記事から見てみよう。

 ***

【写真を見る】剃ったらもったいない? オドーア選手の立派なあごひげ

 巨人は22日、昨シーズンはMLBのサンディエゴ・パドレスに在籍した野手のルーグネッド・オドーア(29)を獲得したと発表した。後で詳述するが、オドーアは2014年から23年までMLBの主力選手として活躍。10年間で通算178本塁打を放った掛け値なしのパワーヒッターだ。

ルーグネッド・オドーア選手

 守備は「外野手」での発表。単年契約で推定年俸は2億円とスポーツ報知は報じた。ベネズエラ出身で1994年2月生まれ。巨人で“同学年”の選手を探すと、同じ年の3月に生まれた今村信貴投手が該当する。担当記者が言う。

「電子版の記事で印象的なのは《すでに心はオレンジ色に染まっている》という一文です。オドーア選手は長いあごひげがトレードマークでした。昔の巨人なら難色を示したかもしれませんが、最近はドレッドヘアーも容認するなど柔軟な対応をしています。ところが、自ら巨人の伝統を学んでひげを剃る意思を固めたそうで、これが記事で大きく取り上げられました」

 スポーツ報知はオドーアをライトのレギュラー候補に挙げ、《6番以降のポイントゲッターとして相手の脅威になる》と期待を寄せた。

 阿部慎之助監督も取材に応じ、「一生懸命やっている。外野もこなしてセカンドもやってサードもやって、すごく器用。野球脳のありそうな選手だというのが第一印象」と高く評価した。

6番、ライト、オドーア

「電子版を読むだけでも、巨人がオドーア選手を大々的に売り出そうとしているのがよく分かります。ところが23日の紙面はさらに大展開で、2面と3面をぶち抜いて報じました。2面では岡本和真内野手(27)が取材に対応。見出しは『岡本オドろき』というダジャレでしたが、もともとメジャーで活躍するオドーア選手に注目していたという興味深い内容でした。数年前、セカンドを守るオドーア選手が使っていたグラブに惹かれ、それを参考に自分のグラブを作ってもらったという“秘話”を明かしています」(同・記者)

 紙面では打順の予想も発表。クリーンナップは、3番がサードの坂本勇人(35)、4番がファーストの岡本和、5番がドラフト3位の新人でセンターの佐々木俊輔(24)、そして6番がライトのオドーアという顔ぶれだ。

 では、オドーアのキャリアを振り返ってみよう。2011年にテキサス・レンジャーズと契約してプロ入り。マイナーリーグで頭角を現し、14年5月にレンジャーズとメジャー契約を結んだ。初めての先発は「8番・セカンド」だったという。

 メジャー1年目は114試合に出場し、ホームランが9本、打率が2割5分9厘という成績だった。

ここ数年は低迷

「様々な意味で注目を集めたのが2016年のシーズンでした。この年、オドーア選手は150試合に出場、ホームランが33本、打率が2割7分1厘と、“打撃開眼”を果たしました。一方、5月のトロント・ブルージェイズ戦で守備中、一塁ランナーの危険なスライディングに激昂。強烈な右ストレートを食らわせ、両チームの選手が大乱闘を繰り広げた原因を作りました。MLBファンの間では“伝説の乱闘”として語り継がれています」(同・記者)

 ホームランの量産は続き、17年は30本を記録。18年は18本と少し落ちたが、19年には再び30本と復活を果たした。ところが、20年は新型コロナの影響で短縮シーズンとなったこともあり、調子を崩してしまう。この年は38試合に出場し、ホームランは10本、打率は1割6分7厘と低迷してしまった。

「21年にトレードでニューヨーク・ヤンキースに移籍しましたが、102試合に出場し、ホームラン15本、打率2割0分2厘と精彩を欠きました。22年にはボルチモア・オリオールズでプレーし、135試合に出場、ホームラン13本、打率2割0分7厘。23年のサンディエゴ・パドレスでは59試合に出場し、ホームラン4本、打率2割0分3厘と、いずれのチームでもレンジャーズ時代の輝きを取り戻せていません」(同・記者)

低い出塁率

 ここ数年、巨人は外国人選手に泣かされてきた。2022年12月には、9人の外国人選手のうち何と8人を自由契約。残った1人が外野手のアダム・ウォーカー(32)だった。

 ところが、ウォーカーは守備に難があり、翌23年の開幕は二軍スタート。その後も代打での起用が目立ち、最終的には57試合に出場し、打率2割6分3厘、ホームラン6本という成績で終わってしまった。11月には、高橋礼(28)、泉圭輔(26)の2投手との交換トレードでソフトバンクに移籍した。

 さらに、12月1日には投手のタイラー・ビーディ(30)とヨアン・ロペス(31)、そして外野手のルイス・ブリンソン(29)を自由契約。残った外国人選手は3人で、全員が投手だ。これでは巨人ファンが、優れた外国人選手、特にパワーバッターを渇望するのも当然だろう。そこに“期待の星”としてオドーアが登場した。

 だが、メジャー研究家の友成那智氏は「巨人ファンにとっては残念な話ですが、日本野球とは最も合わないタイプの選手だと思います」と言う。

「どんなボールでも手を出すバッターのことを“フリースインガー(free-swinger)”と呼びます。オドーア選手が、まさにそうです。低目を得意にしており、普通のバッターなら難しい球でもホームランを放つところは魅力的です。しかし、どんな球でも振ってしまうので、四球が少なく三振が多い。結果として出塁率は低くなります。日本の投手は制球力があり、緩急を交えるのも得意ですから、翻弄されてしまうかもしれません」

性格と守備も心配材料

 昨シーズンのセ・リーグで最も三振が多かった打者は、1位がヤクルトの村上宗隆(23)で168、2位が中日の細川成也(25)で161、3位が阪神の佐藤輝明(24)で139だ。

 オドーアのキャリアワーストの三振数は2019年の178。昨シーズンのセ・リーグのワーストを超える。そこに出塁率のデータを重ね合わせると興味深いことが分かる。

 先の3人の昨シーズンの出塁率は、村上が3割7分5厘、細川が3割2分6厘、佐藤が3割3分9厘と、三振数ワースト3とは対照的に出塁は多い。

 一方、オドーアの19年の出塁率は2割8分3厘。ここ3シーズンも、2割8分6厘、2割7分5厘、2割9分9厘。3割台がゼロと芳しくない。

「性格も不安要素です。ブルージェイズ戦での乱闘の動画は、ネット上で拡散されています。改めてチェックすると、一塁ランナーを突き飛ばし、互いの距離を確保してから踏み込んで強烈なパンチを食らわせています。ケンカ慣れしているのは明らかで、何度も修羅場をくぐっているのでしょう。彼ほどの強打者だと、ピッチャーはインコースを厳しく攻めます。死球を食らうこともあり、その際には逆上していることも珍しくありません。あれだけ短気だと、日本でもトラブルを起こさないか心配です」(同・友成氏)

 守備も難があるという。巨人は外野手での登録を発表したが、MLBではセカンドが定位置で、外野を守った経験は昨シーズンの9試合しかない。

「身体能力は抜群ですから、セカンドで物凄いファインプレーを見せたことは何度もあります。ところが、エラーも多い。それもサインプレーといった複雑な場面でミスをするのではなく、普通の打球なのに処理を誤ったりします。巨人が外野手として登録したからといって、オドーアは内外野のどこでも守れる、いわゆるユーティリティープレイヤーというタイプではありません。多分、セカンドの守備が不安なので、外野にコンバートしたのではないでしょうか」(同・友成氏)

ポテンシャルは充分

 オドーアは2017年、レンジャーズと6年総額4950万ドル、当時の為替レートで約55億3400万円、現在のレートだと73億円の契約を結んでいる。これも巨人でのプレーに影響を与えるかもしれないという。

「55億円ですから、ちょっとやそっとの散財でなくなるような金額ではありません。オドーア選手は金持ちなのです。今年、MLBの契約更改は、異常なほどが進んでいません。腕利きの代理人と契約を結んでいても、行き先が決まっていない大物選手が少なくありません。多分、オドーア選手は、MLBでの契約がなかなか決まらないことに痺れを切らし、巨人のオファーを快諾したのでしょう。ですから、彼にハングリー精神はありません。日本で活躍しなければメシが食えないという選手ではないのです」(同・友成氏)

 とはいえ、10年間もMLBで活躍してきた選手だ。友成氏も「ポテンシャルは充分にあります」と言う。

「良くも悪くも、中南米出身の選手に特有の魅力をふんだんに持っています。バットに当たれば惚れ惚れするようなホームランを放ちます。当たらなければ三振です。守備でも見事なファインプレーを見せたかと思えば、とんでもないポカを披露します。オドーア選手も最初は日本野球に適応しようと努力するでしょう。しかし、結局はどんどん地金が出るのではないでしょうか。その際、巨人ファンがどれだけオドーアの選手の魅力を理解し、どれだけ応援を続けるかがポイントになると思います」

デイリー新潮編集部